阻止/Interdict

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Interdict / 阻止 (1)(青)
インスタント

アーティファクト1つかクリーチャー1体かエンチャント1つか土地1つからの起動型能力1つを対象とし、それを打ち消す。このターン、そのパーマネントの起動型能力は起動できない。(マナ能力は対象にできない。)
カードを1枚引く。


パーマネント起動型能力打ち消し、そのターンの間は再び起動することも防ぐ呪文

パーマネントが持つ起動型能力には1ターンに何度も起動できるものも多く、再使用されることも防げると考えれば一見影響が大きそうに見える。しかし、対立/Oppositionなどのインスタント・タイミングで起動できるものならば、これに対応して起動されてしまうためそれほど意味がない。その場で対戦相手に起動するか否かを選択させることはできるが、ないよりはマシ程度だろう。キャントリップ付きなのでアドバンテージを失うことがない点は良いのだが。

起動コスト生け贄を含むものに対してはよく効くため、後述する押しつぶし/Squelch束縛/Bindを使えない環境デッキではサイドボードに採用されることもあった。

  • プレインズウォーカーの起動型能力を打ち消すことはできない。
  • 登場した当初はインタラプトであった。スタックルールの煽りをもろに食らった1枚。
  • 「起動型能力の起動禁止」は、能力ごとにではなくそのパーマネント自体に与えられることに注意。そのため複数の起動型能力を持つパーマネントがこれによって「阻止」されると、そのパーマネントの全ての起動型能力が使用できなくなる。
    • この呪文自体はパーマネントのマナ能力を打ち消すことはできないが、上記の理由で「そのパーマネントのマナ能力以外の起動型能力を「阻止」できれば、そのターンのマナ能力使用を禁止することはできる。
  • かなり長い期間、「そのパーマネントの能力はこのターン再び使用できない。」という効果が削除されていた。そのため、サイクリングなどの非パーマネントの起動型能力を対象にできない分、後述の押しつぶしの完全な下位互換となっていた。
  • 効果範囲の狭さを改善したRustの強化版としてMark Rosewaterが作成した。

[編集] 関連カード

後に作られた類似カードには、以下のようなものがある。

[編集] 参考

QR Code.gif