鍛冶の神、パーフォロス/Purphoros, God of the Forge

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Purphoros, God of the Forge / 鍛冶の神、パーフォロス (3)(赤)
伝説のクリーチャー エンチャント — 神(God)

破壊不能
あなたの赤への信心が5未満であるかぎり、鍛冶の神、パーフォロスはクリーチャーではない。(あなたの赤への信心は、あなたがコントロールするパーマネントのマナ・コストに含まれる(赤)の数に等しい。)
他のクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、鍛冶の神、パーフォロスは各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与える。
(2)(赤):あなたがコントロールするクリーチャーはターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。

6/5

クリーチャー戦場に出ることを誘発条件とする対本体火力能力と、クリーチャーのパワー強化する起動型能力を持つ。

どちらの能力もクリーチャーを展開する戦略に噛み合っており、スライステロイドなどのビートダウン全般と相性良好。特にトークンを生み出す手段との相性は抜群であり、例えば軍勢の集結/Assemble the Legionと組み合わせることで対戦相手ライフをあっという間に削ってしまうこともできる。

赤のクリーチャーは低タフネスだったり歩く火力だったりと場持ちが悪く、また案外色拘束が緩めなことが多いため、これ自身をクリーチャーとして運用するにはある程度意識したデッキ構築が必要。スタンダードではラヴニカへの回帰ブロック混成カード灰の盲信者/Ash Zealotの存在により赤単信心が成立し、そのパーツとして2枚ほど挿されている。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

テーロスサイクル。いずれも神話レア伝説のクリーチャー・エンチャント破壊不能を持ち、対応するへの信心が5未満になるとクリーチャーではなくなる。

神々の軍勢サイクル。いずれも神話レア伝説のクリーチャー・エンチャント破壊不能を持ち、対応する友好色2への信心が7未満になるとクリーチャーではなくなる。

ニクスへの旅サイクル。いずれも神話レア伝説のクリーチャー・エンチャント破壊不能を持ち、対応する対抗色2への信心が7未満になるとクリーチャーではなくなる。

[編集] ストーリー

パーフォロス/Purphorosテーロス/Therosの一柱。鍛冶と炎、静まらぬ大地を司る。

詳細はパーフォロス/Purphorosを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif