膨れコイルの奇魔/Blistercoil Weird

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Blistercoil Weird / 膨れコイルの奇魔 (青/赤)
クリーチャー — 奇魔(Weird)

あなたがインスタント呪文かソーサリー呪文を1つ唱えるたび、膨れコイルの奇魔はターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。これをアンタップする。

1/1

軟体電極獣/Gelectrodeと同様の自身をアンタップする能力を持つ小型奇魔

素のサイズが1/1だが、能力にはパンプアップ効果もあるので、突然アンタップして2/2のブロッカーにもなれる。

スタンダードでは二重詠唱/Dual Castingと組んで呪文を3倍にするコンボや、Delver-Goにおけるアタッカーとしての利用が考えられる。

モダン以下の環境では極楽のマントル/Paradise Mantleとの組み合わせが強力。1マナキャントリップ呪文を大量に入れておけば、キャスト・アンタップ・マナ生産を繰り返してデッキを回転させ続けることができる(Something's Weird About Modern/世にも奇魔なモダン語り)。

特定の呪文でアンタップするのはドワーフ巡視部隊/Dwarven Patrol燃えがらの紅蓮術士/Cinder Pyromancerの流れと思われる。

[編集] ストーリー

膨れコイル/The Blistercoilsは巨大な水車群のような形をした建築物で、イゼット団の重要地点の一つ。内部ではミジウム/Mizzium製のコイルが大量のマナを生み出しているが、その真の目的は不明(Planeswalker's Guide to Return to Ravnica: Part 2/プレインズウォーカーのための「ラヴニカへの回帰」案内 その2)。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカへの回帰の1マナ混成クリーチャーサイクル。いずれもアンコモンであり、各ギルド/Guildに1枚ずつ存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif