窮地の主/Master of Predicaments

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Master of Predicaments / 窮地の主 (3)(青)(青)
クリーチャー — スフィンクス(Sphinx)

飛行
窮地の主がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたの手札にあるカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーは、選んだカードの点数で見たマナ・コストが4よりも大きいかどうかを宣言する。それが間違っていたなら、あなたはそのカードをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。

4/4

プレイヤー戦闘ダメージ与えると、そのプレイヤーに謎かけをするスフィンクスクリーチャー。相手が間違えれば、タダでカードを1枚唱えられる。大気の精霊/Air Elemental上位互換

5マナ4/4飛行と悪くないスペックに、うまくすればアドバンテージになりうる能力がついておりコスト・パフォーマンスは良好。4/4飛行が戦闘ダメージを通せている時点で戦場はそれなりに有利なはずだが、その有利を固定する方向などに持っていければなお良い。

  • 戦闘ダメージを与える先は対戦相手に限定されていないので、どうにかして自分に戦闘ダメージを与えれば好きなカードを唱えられる。
  • 「4より大きい」に4は含まないため、通常は「5以上かどうか」を当てる事になる。言語の文化差ゆえ仕方のない事ではあるが、正しく訳されているにも関わらず分かり難いテキストになってしまっている。

[編集] ルール

  • 手札にあるカードを1枚選ぶ際、それは公開せずに手札から明確に分けておく。
  • 手札から土地・カードを選ぶことも可能だが、相手プレイヤーが間違った宣言をしたとしてもそれをプレイすることはできない。許可されるのは唱えることのみである。
  • 相手プレイヤーが正しく宣言したか、あなたがそれを唱えないことを選んだことによりそのカードを唱えなかった場合でも、そのカードは公開しなくてもよい。相手プレイヤーは、そのカードを唱えなかった理由を知る由はない。
  • そのカードのマナ・コストXが含まれていた場合、Xは0として扱う。
  • 手札にあるカードを唱えるのは、この誘発型能力の解決の一部である。クリーチャーやソーサリーといった、カード・タイプに基づくタイミングの制限は適用されない。「~は戦闘中にのみ唱えられる」などの他の制限は適用される。
  • 「マナ・コストを支払うことなく」カードを唱える場合、超過授与等の代替コストを支払うこともできない。ただしキッカーコストのような追加コストを支払うことはできる。その呪文に強制の追加コストがある場合、それを払わなければならない。
  • そのカードが分割カードである場合、点数で見たマナ・コストは両半分の合計である。プレイヤーが間違って宣言し、これにより分割カードを唱える場合、好きな方のいずれかの半分(そのカードが融合を持っている場合は両半分)を唱えることができる。分割カードの項も参照。

[編集] 開発秘話

外部のゲーム・デザイナーを招いて作成された、「外部デザイナー・カード」の1枚。担当したのは、Super Street Figher II Turbo HD RemixのデザイナーであるDavid Sirlin(参考/翻訳)。また 彼はYomiというオリジナルのカードゲームも制作している。Yomiとは日本語の「読み」から来ており、このカードと同じく読み合いによる心理戦をコンセプトにしたゲームである。

当初のデザイン案は以下のようなものだった。


非公式/非実在カード

Yominous Merchant / 読みの商人 (1)(白)(青)
クリーチャー ― 人間・ならず者

(T),数を選ぶ:対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは「上」「下」「同じ」のどれかを選ぶ。点数で見たマナ・コストがその選択に該当するなら、このターン、あなたはあなたの手札から土地でないカードを1枚、マナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。

1/2


能力がタップ能力であり、コントローラーが数字を任意に選べるようになっている。また唱えるカードをあらかじめ1枚に絞る必要がない代わりに、選択肢は三択となっている。能力のデザインそのものは高く評価されたが、ゲームを停滞させる傾向があったため、サボタージュ能力持ちの大型フライヤーにすることでそれを解消した。また読み合いの主眼は「重い呪文があるか否か」に集約されることから、数字を固定したほうがよりシンプルにできるとして最終的に上記のものへと修正された。

[編集] 参考

QR Code.gif