目覚ましヒバリ/Reveillark

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Reveillark / 目覚ましヒバリ (4)(白)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

飛行
目覚ましヒバリが戦場を離れたとき、あなたの墓地にあるパワーが2以下のクリーチャー・カードを最大2枚まで対象とし、それらを戦場に戻す。
想起(5)(白)(あなたはこの呪文を、その想起コストを支払うことで唱えてもよい。そうした場合、戦場に出たときにこれを生け贄に捧げる。)

4/3

モーニングタイドで登場した、戦場を離れたときに誘発する誘発型能力を持つエレメンタル想起を持つのですぐさま効果を使用することが可能だが、下記の通り強力な効果のためか、珍しく想起コストの方がマナ・コストより重いという特徴を持っている。

除去バウンスなどで戦場を離れるとパワー2以下のクリーチャー2体をリアニメイトできる能力が非常に強力。その上で5マナでパワー4の飛行クリーチャーなので単体でも充分な性能である。色拘束が薄くタッチでも十分使いこなせるため、リミテッドでも点数は高い。

その能力のため、クリーチャーを一時的に追放するカードや、覇権持ちのクリーチャーと非常に相性が良い。スタンダードではブリンクの優秀な戦力となり(→ヒバリブリンクジョイタイム)、一瞬の瞬き/Momentary Blinkや後述の影武者/Body Doubleとの組み合わせで大活躍している。また、白を含むビートダウン系のデッキサイドボード全体除去対策として採用されることもある。

弱点はやはりその重さだろう。強力な能力を持つとはいえ素出しで5マナ、想起で6マナというのは若干遅めである。展開の速いデッキが相手だとこの重さが命取りになりかねない。

  • これと、熟考漂い/Mulldrifter戦場に並んでいる状況で神の怒り/Wrath of God唱えた場合、目覚ましヒバリの能力によってその熟考漂いを戦場に戻すことができる。能力がスタックに置かれる時点ではすでに熟考漂いも墓地にいるため、対象として適正である。
  • 影武者/Body Doubleでこれをコピーすると、墓地に落ちたとき影武者自身を戦場に戻すことができる。影武者は墓地に置かれればもはやコピーではなくなり、パワーが0になり対象として適正になるからである。そして目覚ましヒバリがまだ墓地にあれば、再びコピーして戦場に出すことができる。
    • 何らかの生け贄に捧げる手段があればコンボが成立する。生け贄に捧げることをコストに持つ能力を好きなだけ起動できる他、戦場に戻るたびに余分に1体(パワーが2以下の)クリーチャーを釣ってこられるため、CIP能力を何度も誘発させることができる。
      • 生け贄に捧げる手段として待機させてある大いなるガルガドン/Greater Gargadonを利用する場合は、スタック上の大いなるガルガドンの能力を解決しないうちに次の手順を行う必要がある。1回ごとに解決を行っていると、時間カウンターがなくなった時点で待機が解けてしまい能力が起動できなくなるからである。
    • 生け贄に捧げるのではなく、鏡の精体/Mirror Entityでも似たようなことができる。ただし、手順は少々複雑になる。手順は以下の通り。
    1. 墓地に目覚ましヒバリ、戦場に目覚ましヒバリをコピーした影武者、鏡の精体、戦場か墓地のどちらかに使いまわしたい187クリーチャーを用意する。
    2. 鏡の精体の能力を、X=0で任意の回数起動しスタックに乗せる。
    3. スタックに積まれた鏡の精体の能力の一番上の1つを解決する。影武者を含めて、クリーチャーが0/0になり墓地に置かれる。
    4. 影武者(目覚ましヒバリ)の「戦場を離れたとき」の能力が誘発する。これを解決し、影武者自身と187クリーチャーを戦場に戻す。
    5. CIP能力と、次の鏡の精体の能力を解決。影武者と187クリーチャーが0/0になり、再び墓地に置かれる。
    6. 4に戻る。
  • 公式ハンドブックタルモゴイフ/Tarmogoyfが戻せるかのような記述があったが、現在のルールでは、特性定義能力は墓地にある間も有効であり、タルモゴイフのパワーが2以下でない場合もあるため注意が必要である。
  • 英語カード名はreveille(起床の合図)+lark(ヒバリ)から。

[編集] 開発秘話

現在のイラストは元々光舞い/Shinewendのために描かれたものであったが、2枚を比較すると、目覚ましヒバリの元々のイラストの方がサイズが小さく見えることから、光舞いのイラストと交換された。なお、この2枚はコレクター番号も隣り合わせである。(→Elemental Art Swap参照)

[編集] 関連カード

モーニングタイドアンコモン想起エレメンタルサイクル戦場を離れたときに誘発する誘発型能力を持つ。

レアには目覚ましヒバリ/Reveillark這い耽り/Slithermuseが存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif