発火の力線/Leyline of Combustion

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Leyline of Combustion / 発火の力線 (2)(赤)(赤)
エンチャント

発火の力線があなたのゲーム開始時の手札にあるなら、あなたはこれが戦場に出ている状態でゲームを開始してもよい。
あなたやあなたがコントロールしている1つ以上のパーマネントが、対戦相手がコントロールしている呪文や能力の対象になるたび、発火の力線はそのプレイヤーに2点のダメージを与える。


3種類目となる力線能力は今までの力線と同様、赤らしくダメージに関連するものとなっている。

性質上、スライバーンのようなデッキと相性が良い。単体除去に頼ったデッキは必然的にダメージを負うことになり、確実にダメージを上乗せできる。 手札破壊布告本体火力にも反応するため、それらが得意なや赤では非常に動きづらくなる。もちろんこれ自身を除去しようとした場合でもダメージは誘発する。

また、タッパー等のシステムクリーチャーや各種プレインズウォーカー忠誠度能力等の起動型能力にも誘発するため、継続的に対象をとるこれらの起動を著しく制限できる。

初手にあった場合に強力なのは言うまでもないが、素出ししても遅すぎなければ元を取れる見込みはあり、2枚目以降も腐らないため、力線特有の使いづらさはあまり目立たない。ただし、打ち消し全体除去には誘発してくれず、ではそもそも誘発する呪文が無いということもあるので、やはり相手を選ぶサイドボード向け。

エターナル環境でも出番が見込めるカード。苦悶の触手/Tendrils of Agonyぶどう弾/Grapeshotで生成されたコピーはすべて対象を取っているため、そのままはじき返すことが可能。赤単色で対処の難しかったこれらを使うコンボに対する有力な対抗策となっている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2020力線サイクルゲーム開始時の手札にあると直接戦場に出せるエンチャント。3枚が再録で2枚が新規カード稀少度レア

[編集] 参考

QR Code.gif