概念の雨/Notion Rain

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Notion Rain / 概念の雨 (1)(青)(黒)
ソーサリー

諜報2を行う。その後カードを2枚引く。概念の雨はあなたに2点のダメージを与える。(諜報2を行うとは、あなたのライブラリーの一番上からカードを2枚見て、そのうちの望む枚数をあなたの墓地に、残りをあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置くことである。)


古えの渇望/Ancient Craving系統の、ライフを犠牲にするドローソーサリーディミーアカラーらしく諜報2付き。

骨読み/Read the Bones多色になり、占術が諜報に強化された格好。骨読み同様、3マナライブラリーを最大4枚掘り進められるのはかなり魅力的。デメリットも同様であり、2点のダメージは積み重なると無視できない損失になるので、採用枚数には気を使う必要がある。

登場時点のスタンダードには同様に複数枚掘り進められる闇の取り引き/Dark Bargainや2回分の仕事ができる薬術師の眼識/Chemister's Insightという優れたインスタントが存在している。こちらを採用する場合、諜報をトリガーとする能力を持つカードとの併用が前提になるだろう。

リミテッドでは後続を探しながら息切れを防止しつつ、諜報シナジーを持つカード群の支援が行える優良な呪文。が合うならいくらか採用しておきたい。諜報カード全般に言えることだが、宿根再活を持つカードとも相性がいい。

都市の空気には個人の思考が降雨し続けている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカのギルドラヴニカの献身の、対応するギルド/Guildメカニズムを持つコモン多色カードサイクル

ラヴニカのギルド
ラヴニカの献身

[編集] 参考

QR Code.gif