屑鉄さらい/Scrap Trawler

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Scrap Trawler / 屑鉄さらい (3)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

屑鉄さらいかあなたがコントロールする他のアーティファクトが1つ戦場から墓地に置かれるたび、あなたの墓地から点数で見たマナ・コストがそれより小さいアーティファクト・カード1枚を対象とし、それをあなたの手札に戻す。

3/2

アーティファクト転生っぽい効果を持たせる能力を持つアーティファクト・クリーチャー

単純にアドバンテージを失いにくくなり、対戦相手アーティファクトに対する除去を撃ちにくくなる。しかし回収できるカードに条件があるため、ある程度墓地肥やす手段とデッキ構築に気を使う必要がある。アーティファクト・クリーチャー戦闘死亡するのに任せてもよいが、能動的に生け贄に捧げる手段があれば任意のタイミングで墓地のカードを回収できる。クラーク族の鉄工所/Krark-Clan Ironworksのような生け贄エンジンを使えばコンボの種にもなり得る。

歩行バリスタ/Walking Ballistaのような点数で見たマナ・コストが0のカードは大抵のアーティファクトから回収可能で、改革派の地図/Renegade Map発火器具/Implement of Combustionなどから素早く回収して使いまわすと強力。さらにピアの革命/Pia's Revolutionを貼っておけばアーティファクトを墓地に落とすたびに追加のカード回収とダメージの選択を迫れる。本体性能がパワー3と単独で搭乗できる機体も多く、自身の死亡時にキランの真意号/Heart of Kiranを回収できるため比較的相性がよい。

[編集] ルール

  • 墓地からカードを手札に戻すのは強制である。
  • 屑鉄さらいと他のアーティファクトが同時に戦場から墓地に置かれた場合、それぞれに屑鉄さらいの能力が誘発する。
  • トークンや歩行バリスタなど、点数で見たマナ・コストが0のアーティファクトが墓地に置かれた場合、適正な対象が存在しないため、何も手札に戻すことはできない。

[編集] 参考

QR Code.gif