ピアの革命/Pia's Revolution

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Pia's Revolution / ピアの革命 (2)(赤)
エンチャント

トークンでないアーティファクトが1つ戦場からあなたの墓地に置かれるたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーが「ピアの革命はそのプレイヤーに3点のダメージを与える」を選ばないかぎり、そのカードをあなたの手札に戻す。


アーティファクト墓地に置かれるたび、対戦相手ダメージ手札に戻すか選ばせるエンチャント通行の神、エイスリオス/Athreos, God of Passageのアーティファクト版と言える。

相手に選択権のあるカードの常として、対戦相手がどちらを選んでもこちらの利になるような状況にいかにもっていくかが鍵。財宝の守り手/Treasure Keeper歩行バリスタ/Walking Ballistaなど相手が戻したがらないカードをダメージソースにし、屑鉄さらい/Scrap Trawlerなどで落とされたカードを回収するなどデッキ構成を考える必要がある。

  • 歩行バリスタをX=0で唱え、対戦相手がダメージを受けることを選ばない場合、手札に戻った歩行バリスタをまたX=0で唱えると無限ループになる。こうなってしまったらアクティブ・プレイヤーがループが続かないようにしなければならない(CR:719.3)。
  • フランス語版のカードは「対戦相手が選ぶ」とする文言が抜けている誤訳がある。

[編集] ストーリー

霊気紛争注目のストーリーの2枚目。

ピア・ナラー/Pia Nalaarの主導によって改革派/Renegade霊気拠点/Aether Hubを奪取。キランの真意号/Heart of Kiranを起動し領事府/The Consulateへの反抗を開始した[1]

ピアの情熱は大局を目指している。真実の永続性のある変化をもたらすことだ。

[編集] 脚注

  1. Revolution Begins/革命の始まり(Magic Story 2017年1月2日 Nik Davidson, Kelly Digges, Kimberly J. Kreines著)

[編集] 参考

QR Code.gif