水面院の師範、密/Hisoka, Minamo Sensei

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hisoka, Minamo Sensei / 水面院の師範、密 (2)(青)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(2)(青),カードを1枚捨てる:呪文1つを対象とする。その呪文が捨てられたカードと同じ点数で見たマナ・コストを持つ場合、それを打ち消す。

1/3

ある意味帰ってきたスペルシェイパー。ストーリー設定を踏襲した、呪文打ち消す能力を持っている(下記参照)。

打ち消す条件はかなり厳しく、かつこれ自身が重い起動コストタップがないのは救いだが、ちょっと力不足だろうか。

[編集] ストーリー

密師範/Sensei Hisoka神河物語に登場する水面院/Minamo Academyの院長。名前は「伊汽(いき)」

もとは学生で、あらゆる魔法の「対」になる魔法を探し出し、打ち消す術を持っていた。その目覚しい才覚からたちまち院より寵愛されるようになり、さらに自らの打ち消し術論を哲学に至るまで極め、師範を経て院長となった。

初老に差し掛かったある晩、永岩城/Eiganjo Castleの天守閣に近い一室で、今田の腹心・武野宗継/Munetsugu Takeno空民メロク/Melokuと共に、永岩城の城主にして大名・今田剛史/Daimyo Takeshi Kondaが行った秘密の儀式に参加した。

神の乱が始まると、彼は今までの水面院の体制では生き残れないと予期し、より実践的な魔術師、魔法の修練を行うこととなった。 また、水面院/Minamoは霊界と現実世界の境である神滝に近いため、彼の生徒たちは「学友」から「戦友」へと変わっていくのであった。

[編集] 登場カード

フレイバー・テキストのみ

[編集] 参考

QR Code.gif