呪われた狩人、ガラク/Garruk, Cursed Huntsman

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Garruk, Cursed Huntsman / 呪われた狩人、ガラク (4)(黒)(緑)
伝説のプレインズウォーカー — ガラク(Garruk)

[0]:「このクリーチャーが死亡したとき、あなたがコントロールしている各ガラク(Garruk)の上に忠誠(loyalty)カウンターをそれぞれ1個置く。」を持つ黒であり緑である2/2の狼(Wolf)クリーチャー・トークンを2体生成する。
[-3]:クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。カードを1枚引く。
[-6]:あなたは「あなたがコントロールしているクリーチャーは+3/+3の修整を受けトランプルを持つ。」を持つ紋章を得る。

5

エルドレインの王権で登場した6枚目のガラク忠誠度能力は、トークン生成クリーチャー破壊ドロー全体強化紋章を得る。

±0能力
ガラクの上に忠誠カウンター置くPIG能力を持った2/2の狼を2体生成する。
忠誠度を減らすことなく毎ターン継続して、合計4/4相当のトークンを生成する強力な能力。2体同時に生成するため単体除去に耐性があり、全体除去を撃たれてもリカバリーが容易というのも頼もしい。
ガラクのマイナス能力に繋げることができるため、狼を積極的に戦闘させてもあまり痛くない。別のカードと組み合わせて積極的に生け贄に捧げるのも良いだろう。
忠誠度増加を嫌って相打ちせずに狼の攻撃をスルーしてくれることもあるため、軽微な回避能力を持っていると言えなくもない。
-3能力
ドロー付きのクリーチャー破壊。手下の狼では倒せない大型クリーチャーは、ガラク自身が倒しに行く。
戦場に直接触れて自身を守るだけでなくハンド・アドバンテージも回収できる優秀な除去能力。この能力のおかげで「実質的に手札が減らないカード」として数えることができる。
直接忠誠度を増やすプラス能力を持たないため思ったように連発できない欠点はあるが、殺害/Murderキャントリップ、または滅殺/Annihilateあたりを考えれば5マナ相当の能力であり、さらにプレインズウォーカーが残ると考えれば1回使い切りでも良好な効率。
-6能力
自軍全体が常時踏み荒らし/Overrun状態になる紋章を得る。
単発でもエンドカード級の効果であり、十分に戦力が並んでいれば紋章を得たターンに殴り勝てる可能性がある。戦力が不足していても次のターンから自前で5/5トランプルを2体ずつ供給でき、抜かりもない。
プラス能力を持たないためか消費忠誠度が低めで、±0能力で生成した狼を即座に死亡させる手段があれば次のターンにはもう起動でき、ガラクも残すことができる。

プラス能力を一つも持たず癖があるものの、ボード・アドバンテージに直結する2つの能力を持つ、6マナという重さに相応しいカードパワーを持つプレインズウォーカー。登場時点のスタンダードで共存する同色のゴルガリの女王、ヴラスカ/Vraska, Golgari Queenとは能力がよく噛み合っており、除去範囲も補い合うことができ相性が良い。また同じくスタンダードでは増殖古呪/The Elderspellも共存しているため、忠誠度を上げるにあたって無理に狼トークンの自壊ギミックに拘る必要もない。

スタンダードではスゥルタイ・フレンズなど、黒緑を含むデッキで用いられている。

[編集] ルール

±0能力

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドレインの王権レア神話レアの2カードサイクル。3枚のプレインズウォーカー・カードを含む。

レア
神話レア

[編集] ストーリー

詳細はガラク/Garrukを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif