老いたる者、ガドウィック/Gadwick, the Wizened

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gadwick, the Wizened / 老いたる者、ガドウィック (X)(青)(青)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

老いたる者、ガドウィックが戦場に出たとき、カードをX枚引く。
あなたが青の呪文を唱えるたび、対戦相手がコントロールしていて土地でないパーマネント1つを対象とし、それをタップする。

3/3

ヴァントレス/Vantressの指導者。Xドロー土地でないパーマネントタップする2つの誘発型能力を持つ伝説の人間ウィザード

数あるXドローと同じく基本的にはXの値を大きくしてカード・アドバンテージを稼ぎたいところだが、ハイドラ等の多くのマナ・コストにXを含むクリーチャー群と違い、3マナでそのまま唱えても3/3のタッパーが戦力として場に残ることもあって序盤に小さい値で唱えても優秀。もちろん大きな値で唱えればふたつめの能力を誘発させやすくなる。

パーマネントをタップする能力は誘発条件が比較的緩く、インスタントの多い青では狙ったタイミングでタップすることも難しくないだろう。クリーチャーを展開しながら盤面をこじ開けるのもよし、従来のタッパー同様に攻撃を防ぐ目的で使うのもよし、といった具合にドローが終わっても高性能なタッパーが残ってくれる。多くのタッパーと違い起動型能力ではないため、回数の制限や魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass等の起動型能力縛りに引っかからない点も優れる。対戦相手からすれば、手札の枚数次第で、ブロッカーを何体残せばよいのかという難しい判断を迫られるだろう。

同時期のスタンダードでは同じXドロー内蔵のハイドロイド混成体/Hydroid Krasisとの比較になるか。あちらはドローの確実性に加えてライフ回復と、単体の突破力で勝るが、こちらはドローの効率や面での突破力、タップ能力による防御で軍配が上がるためうまく差別化したい。部族支援の厚いクリーチャー・タイプを持つことも注目。

夏の帳/Veil of Summer禁止後のスタンダードで各種青系コントロールに採用される。特に時の一掃/Time Wipeと相性がよく、全体除去しつつガドウィックを再利用してアドバンテージ差を広げる動きが強力。伝説のクリーチャーでこそあるが、2枚目以降でもドローもタップも誘発するため複数枚積んで腐らない点もありがたい。

[編集] ルール

  • 1番目の能力のXは、スタックにあったときの値を参照する。このカードの登場に合わせてXについてのルールが追加されている(CR:107.3k)。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドレインの王権トリプルシンボル伝説のクリーチャーサイクル。自身と同じオブジェクトを参照する能力を持つ。稀少度レア

公式記事「Singing in the Eldraine/エルドレインに唄えば」では、エルドレイン/Eldraineの五つの宮廷の指導者を描いた貴族のサイクルであるとされているが、ガドウィックのクリーチャー・タイプは貴族ではない。またトーブランはエンバレス/Emberethの関係者ではあるが、指導者ではない。

[編集] ストーリー

ガドウィック/Gadwickエルドレイン/Eldraineの人間。男性。ヴァントレス/Vantressの伝承魔道士であり、実質的な指導者。

フレイバー・テキストに登場
選択/Optエルドレインの王権)、鋼睨みのグリフィン/Steelgaze Griffin統率の塔/Command Tower(エルドレインの王権)
登場作品・登場記事
Planeswalker's Guide to Eldraine/プレインズウォーカーのためのエルドレイン案内(Feature 2019年10月31日 Chris Mooney著)

[編集] 脚注

  1. Was there a specific creature in Eldraine meant to...Blogatog 2019年10月22日)

[編集] 参考

QR Code.gif