時を越えた詠唱/Cast Through Time

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cast Through Time / 時を越えた詠唱 (4)(青)(青)(青)
エンチャント

あなたがコントロールするインスタント呪文とソーサリー呪文は反復を持つ。(その呪文があなたの手札から唱えられたなら、それの解決に際し、それを追放する。あなたの次のアップキープの開始時に、あなたはそのカードを追放領域からそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。)


あなたコントロールするインスタントソーサリー呪文すべてに反復を与えるエンチャント

単純に考えて呪文が倍になってくれるため、得られるカード・アドバンテージは相当なもの。マナ・コスト重いのでマナ基盤を整える必要があるが、専用にデッキを組めば強力だろう。

[編集] ルール

  • 元々反復を持っている呪文は複数の反復を持つことになるが、複数持っていても意味はない。
  • 反復によってカードを追放することは選択可能ではないため、手札からインスタントやソーサリー呪文を唱えたらそれらは解決の際に墓地に置かれることなく追放される。ただし、次のアップキープ・ステップの開始時にそれを唱えるかどうかは選択可能である(唱えなければ、それ以降追放されたままとなる)。
  • 頂点などの自身の効果で他の領域に移動してしまう呪文は反復の置換効果で追放することができないため、反復によって唱えることはできない。
  • バイバックを持つ呪文をバイバック・コスト支払って唱えた場合、解決の際に反復とバイバックのどちらを適用するかをあなたが選択する(CR:614.15CR:616.1a)。
  • 反復の効果を適用するためには、呪文の解決が終わる段階で時を越えた詠唱をコントロールしている必要がある。
    • 歪んだ世界/Warp Worldを手札から唱えた場合、その時点で時を越えた詠唱をコントロールしていたとしても、それは歪んだ世界の効果によってライブラリーに入ってしまうため反復を適用できない。ただし、歪んだ世界の効果によって時を越えた詠唱が戦場に出たならば、歪んだ世界を唱える時点では時を越えた詠唱をコントロールしていなかったとしても、反復を適用できる。
  • 徴用/Commandeerによって他のプレイヤーの呪文を奪ったとしても、それは反復を持つが、あなたの手札から唱えたものではないため、反復が適用されることはない。

[編集] 参考

QR Code.gif