鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Zurgo Bellstriker / 鐘突きのズルゴ (赤)
伝説のクリーチャー — オーク(Orc) 戦士(Warrior)

鐘突きのズルゴでは、パワーが2以上のクリーチャーをブロックできない。
疾駆(1)(赤)(あなたはこの呪文を、これの疾駆コストで唱えてもよい。そうしたなら、これは速攻を得るとともに、次の終了ステップの開始時にこれを戦場からオーナーの手札に戻す。)

2/2

疾駆持ちの伝説のクリーチャー。1マナ2/2とマナレシオが高いが、パワーが高いクリーチャーブロックできない。

攻撃を最優先に考えるアグロ系のデッキならばペナルティ能力はあってないようなものであり、それよりも高いマナレシオの恩恵の方が大きい。通常のコストより重いため、一見ただのおまけのように見える疾駆も、マナが余ってきた頃であれば全体除去のリスクを回避しながら速攻付きで殴れるため、意外と侮れない。

ただし伝説のクリーチャーなので、まとめ引きのリスクが常に付きまとう。今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Kondaなどはそのリスクを無視して4枚投入されることもあったが、タルキール覇王譚ブロックには他にも優良な1マナクリーチャーが複数いるため、デッキへの投入枚数はそれらと比較してよく検討するようにしたい。

登場直後から早速スライに投入され、活躍している。

リミテッドでもコラガン氏族/The Kolaghan clanはダメージ速度の勝負を重視しているため、1マナから2ダメージを与えていけるこれは活躍が十分に期待できる。

[編集] 開発秘話

ズルゴ/Zurgoは歴史改変によって大きく地位が低下したキャラクターであり、兜砕きのズルゴ/Zurgo Helmsmasherの7/2から2/2までサイズを落とすことでそれを表現している。また1マナ2/2というマナレシオの面では優秀なクリーチャーにすることで、トーナメントシーンで使われ得るカードパワーと彼の「凋落」のフレイバーを両立することに成功している。

彼がもはや氏族/Clanの支配者ではなく「ただのおっさん(just some guy)」であることを強調するためにルール文章はシンプルな方がよいとされた。1マナ2/2バニラとする案もあったが、スタンダードのカードパワー基準と、色の役割の両方の観点からそれは不可能だった。そのためペナルティ能力として最初のオークの一体である鉄爪のオーク/Ironclaw Orcsの能力が与えられ、またコラガン氏族らしさを持たせるために疾駆が追加された[1][2]

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

タルキール龍紀伝の、もう一つの歴史カン/Khanだった人物のサイクル。各氏族/Clan固有のメカニズムを持つ。卓絶のナーセット/Narset Transcendent以外はレア単色伝説のクリーチャー

[編集] ストーリー

歴史改変前のタルキール/Tarkirではマルドゥ族/The Mardu Hordeカン/Khanであったズルゴ/Zurgoの、歴史改変後の姿。コラガン氏族/The Kolaghan clanコラガン/Kolaghanの従者を務めており、コラガンが戦いに向かうときには龍鐘/Dragonbellを大剣で打ち鳴らして戦士たちを戦いに駆り立てる。

詳細はズルゴ/Zurgoを参照。

[編集] 脚注

  1. Hooked on Draconics, Part 2/龍詞に魅せられて その2Daily MTG、Making Magic、文:Mark Rosewater、訳:米村薫
  2. The M Files: Dragons of Tarkir, Part 2/Mファイル『タルキール龍紀伝』編・パート2(Daily MTG、Latest Developments、文:Sam Stoddard、訳:益山拓也

[編集] 参考

QR Code.gif