ウィンストン・ドラフト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ウィンストン・ドラフト(Winston Draft)は、Richard Garfield考案・命名による、2005年3月に発表されたカジュアル向けのドラフト形式。その独特のドラフト方法から、通常のドラフトとはまた違ったノウハウを要求されるのが特徴。

[編集] 遊び方

  1. ドラフトに使う90枚のカードすべてを中身を見ないでよくシャッフルし、伏せたまま重ねて1つの大きな山札にする。
  2. 先攻後攻を決める。先攻プレイヤーは山札の一番上から3枚のカードを裏向きのまま1枚ずつ伏せて置く。この並べられたカードを(1枚しかなくても)「パイル」と呼ぶ。(便宜上、端からパイルA・B・Cとする)
  3. 先攻プレイヤーはパイルAを対戦相手に見せないように確認し、そのパイルをドラフトするか、しないかを決める。
    1. ドラフトする場合、そのパイルの全てのカードを取った後に山札の一番上からカードを1枚だけ伏せたままパイルAのあった場所に置く。(これが次のパイルAになるが、この時点では誰もこのカードの内容を知らない)→手順6へ
    2. ドラフトしない場合、カードを元の場所に戻し、山札の一番上のカードをパイルAの上に伏せて置く。その後に、同じようにパイルBを見てドラフトするかどうかを決める。
  4. パイルBでも手順3と同じようにドラフトするかどうかを選択する。ドラフトしないことにした場合はパイルCの選択に移る。
  5. パイルCもドラフトしなかった場合、A・Bの時と同様にカードをパイルのあった場所に戻して山札から1枚カードを追加する。その後で山札の一番上のカードを取り自分のカードとする
  6. いずれかのパイルをドラフトするか、山札の一番上のカードを取るかしたらドラフトの手番を交代する。
  7. 後攻のプレイヤーも同じように、パイルAから順に確認してドラフトするかどうかの選択を(手順3から)行う。
  8. 90枚のカードすべてがドラフトされるまで(山札から追加するカードがなくなったりパイルが2つ以下になっても)この手順を繰り返す。
  9. それぞれ、自分の取ったカードに基本土地を追加して40枚以上のデッキを構築し、対戦する。
  • Aaron Forsytheの記事では分かりにくいが、確認するパイルの順番は変更しない。予めパイル1、2、3等と決めておき、その順に従って確認する。
    • その為、手順3-1でパイルをドラフトした後は、必ず元パイルのあった位置に山札からカードを置くのが望ましい。
    • また、パイルは最初に置かれた3つだけである(以降はそれを共用する)。後攻プレイヤーはパイルを確認する手順から始め、新たにパイルを作成してはいけない。

[編集] 楽しみ方

このドラフトの面白さは、対戦相手が持っているカードの情報を半分ほどしか得られないことにある。取らずに残したカードから相手のおおよその色や使うカードを推測して戦わねばならず、その手探り具合が絶妙なランダム性を持っている。

またドラフト方法の都合上、自己流にアレンジしやすいのも一つの面白さといえる。例えば、

  • パックを使わず、ランダムに寄せ集めたカードを使用する(古いカードも混ぜ込めばフォーマットを超えたドラフトも出来る)
  • 山札を105枚=7パック分にして行う(カード不足を感じたときに)
  • ドラフトしない場合に山札から取る枚数を1枚から2枚に変更する

など、変更できる余地は多い。

[編集] 参考

QR Code.gif