ジェイスの聖域/Jace's Sanctum

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jace's Sanctum / ジェイスの聖域 (3)(青)
エンチャント

あなたがインスタント呪文やソーサリー呪文を唱えるためのコストは(1)少なくなる。
あなたがインスタント呪文かソーサリー呪文を1つ唱えるたび、占術1を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードをあなたのライブラリーの一番下に置いてもよい。)


ゴブリンの電術師/Goblin Electromancerのようなインスタント呪文ソーサリー呪文のコスト減少能力と、それらを唱えるたびに占術1を行う能力を持つエンチャント

マナ加速としてみると4マナ重いものの、一度出してしまえばエンチャントゆえの割られにくさも相まって安定したインスタント・ソーサリーのサポートになる。さらにすべてのインスタント・ソーサリーに占術のおまけがついてくるため、そうした呪文を唱えれば唱えるほど質的なアドバンテージが得られる。こういった性質上、重い呪文のコストを減らすよりも2~3マナ程度の呪文を連発してアドバンテージを稼ぐ、カウンターバーンのようなデッキに適しているだろう。

スタンダードでは青単プリズンに採用された。ドロー呪文の回転率が劇的に向上するデッキのメインエンジンとなっている。

  • この手の能力すべてに言えることだが、環境が許せばフラッシュバック余波などと相性が良い。2回唱えれば合計で2マナ減る上、占術も2度行える。

[編集] 開発秘話

開発段階では自軍のプレインズウォーカーすべてに忠誠度能力を付与する能力と、どののマナでもプレインズウォーカー呪文を唱えられるようにする能力を持つエンチャントだったが、マジック・オリジンのプレインズウォーカーはすべて第1面クリーチャー両面カードであり、噛み合わないという問題を抱えていた。その後ゲートウォッチの誓いにてプレインズウォーカーをサポートするエンチャント(誓いサイクル)が作られることになったため、このカードの能力は現在のものに変更された(参考/翻訳)。

[編集] 参考

QR Code.gif