エンバレスの宝剣/Embercleave

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Embercleave / エンバレスの宝剣 (4)(赤)(赤)
伝説のアーティファクト — 装備品(Equipment)

瞬速
この呪文を唱えるためのコストは、あなたがコントロールしている攻撃クリーチャー1体につき(1)少なくなる。
エンバレスの宝剣が戦場に出たとき、あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、これをそれにつける。
装備しているクリーチャーは+1/+1の修整を受け、二段攻撃とトランプルを持つ。
装備(3)


エンバレス/Embereth伝説のアーティファクト攻撃クリーチャーの数だけコストが減る、二段攻撃トランプルを与える装備品

+1/+1修整と二段攻撃、トランプルが瞬速装備されるという、非常に強力なコンバット・トリックチャンプアタック覚悟の総攻撃を装ってブロッカーを蹴散らし、ブロックされなくても大ダメージを与えられる。

点数で見たマナ・コストアグロには到底似つかわしくない値ではあるが、実質3マナ程度で唱えることも十分狙える。装備コストも3マナ止まりなので再装備も十分視野に入る。構築だと劣勢で腐るリスクは常につきまとうものの、相応の破壊力を持ったフィニッシャーと言える。

登場時のスタンダードにおいてはマルドゥ騎士グルール・アグロなどの高速アグロで採用される。劣勢イコール負け確定のこれらのデッキにおいては、高速でライフを削りきる破壊力と手札で重複してもコンバット・トリックとして利用できる点を評価され、伝説ながら3枚以上採用されることも珍しくない。

  • 装備先のクリーチャーとしては、特に接死持ちと好相性。(二段攻撃の)先制攻撃分と接死によりブロッカーを一方的に破壊し、さらに接死+トランプルにより大ダメージをほぼ対戦相手に貫通させられる。
  • モチーフは、アーサー王伝説に登場する「エクスカリバー[1]。アーサー王が持つ剣で、湖の乙女によって与えられたとも、石に刺さっていたものを引き抜いたとも言われる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドレインの王権伝説のアーティファクトサイクル。各に1枚ずつ存在する有色アーティファクトで、何かの数に応じて唱えるためのコストが少なくなる。稀少度神話レア

ストーリー上は、いずれもエルドレイン/Eldraineの五つの宮廷それぞれにとっての重要なアイテムである。

[編集] ストーリー

エンバレスの宝剣/Embercleaveは、エンバレス/Emberethの伝説的な剣(イラスト)。宮廷の遺物アイレンクラッグ/The Irencragが名を授け、力を吹き込んだ剣の一本である。所有者は不明[2]

  • サイクル中唯一、宮廷の遺物ではない。当初はアイレンクラッグがサイクルの1枚だったが、デザイン・チームは巨石よりも剣をカード化することを望んだので、変更された。クリエイティブ・チームはアイレンクラッグに「剣に名を授ける」という設定を追加し、両者に関連を持たせることにした[3]
  • Embercleaveを直訳すると「燃えさし割り」となるが、日本語版はこれを「エンバレスの宝剣」と訳している。エンバレスの名の由来はember(燃えさし)であり[4]意訳の範疇ではあるのだが、上記の通り、背景設定上は数あるエンバレスの剣の一本に与えられた固有名なので、適切な訳とは言いがたい。

[編集] 脚注

  1. Is Embercleave based on excalibur?Blogatog 2019年9月11日)
  2. Chris MooneyのTwitter
  3. Chris MooneyのTwitter
  4. Kelly DiggesのTwitter

[編集] 参考

QR Code.gif