鍛冶で鍛えられしアナックス/Anax, Hardened in the Forge

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Anax, Hardened in the Forge / 鍛冶で鍛えられしアナックス (1)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー エンチャント — 亜神(Demigod)

鍛冶で鍛えられしアナックスのパワーは、あなたの赤への信心に等しい。(あなたの赤への信心とは、あなたがコントロールしているパーマネントのマナ・コストに含まれる(赤)の総数である。)
鍛冶で鍛えられしアナックスか、他の、あなたがコントロールしていてトークンでないクリーチャーが1体死亡するたび、「このクリーチャーではブロックできない。」を持つ赤の1/1のサテュロス(Satyr)・クリーチャー・トークンを1体生成する。そのクリーチャーのパワーが4以上であったなら、代わりにそのトークンを2体生成する。

*/3

パーフォロス/Purphorosに選ばれた亜神アナックス/Anax。赤への信心に応じたパワーを持ち、あなたクリーチャー死亡するたびサテュロストークン生成する伝説のクリーチャー・エンチャント

能力アグロデッキと非常に噛み合っており、小型クリーチャーを横に並べるだけでたやすく大型クリーチャーと同等かそれ以上のパワーにまで伸びる。特にエンバレスの宝剣/Embercleaveによる奇襲と非常に相性がよく、他のクリーチャーより更に打点が伸びるので、相手の計算を大きく狂わせることが可能。横並べするデッキの弱点とも言える全体除去に対する耐性も高く、破壊によるリセットを受けても後続の攻め手が生成されるので相手は更なる対処が必要になるだろう。能力の性質上、伝説のクリーチャーでありながらデッキに4枚採用しても腐りにくいのも利点(#ルールも参照)。

スタンダードではエンバレスの宝剣とともに、赤単アグロで採用される。

[編集] ルール

  • パワーを決める能力は特性定義能力であり、戦場だけでなくすべての領域で機能する。
  • アナックスとあなたがコントロールする他のクリーチャーが同時に死亡した場合、アナックスの能力はそのそれぞれについて誘発する。
  • パワーが4以上であるかどうかは、そのクリーチャーの戦場における最後の情報を参照する。
    • 例:アナックスをすでにコントロールしているときに2体目のアナックスを戦場に出した場合、レジェンド・ルールにより片方が墓地に送られ、2体のアナックスの能力がそれぞれ誘発し、サテュロス・トークンは合計4体生成される。2体のアナックスにより赤への信心は少なくとも4以上であるため、死亡する直前のアナックスのパワーは4以上である。
  • トークンでない」はアナックス自身にはかかっていない。アナックスのコピー・トークンが死亡した場合、それが持つ能力は誘発する。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

テーロス還魂記亜神サイクル。各に1枚ずつ存在するダブルシンボル伝説のクリーチャー・エンチャント。自身のパワーまたはタフネスを対応する色への信心に等しい値にする特性定義能力を持つ。稀少度アンコモン

[編集] ストーリー

神々の戦に加わったパーフォロス/Purphorosに勇者として選ばれ、亜神へと変えられたアナックス/Anax

詳細はアナックス/Anaxを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif