なんでもかんとか/Everythingamajig

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

A:


なんでもかんとか/Everythingamajig (5)
アーティファクト

(2),(T):パーマネント1つの上からカウンター1個を他のパーマネント1つに動かす。2つ目のパーマネントが何らかのカウンターを参照しているなら、動かされたカウンターはそれらのカウンターのうち1種になる。そうでなければ、それは+1/+1カウンターになる。
(3),(T):クリーチャー1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。
(4),(T):増殖を行う。(あなたはカウンターが置かれているパーマネントやプレイヤーを望む数だけ選び、その後それぞれに、その上にすでに置かれているカウンターのうち1種類を1個置く。)

アーティスト:Chris Seaman


B:


なんでもかんとか/Everythingamajig (5)
アーティファクト

(2),(T):カードを1枚引く。この能力はあなたの手札にカードがないときにしか起動できない。
(8),(T):あなたは10点のライフを得る。
(4),(T),なんでもかんとかを生け贄に捧げる:あなたの手札から銀枠パーマネント・カードを1枚戦場に出してもよい。

アーティスト:Chris Seaman


C:


なんでもかんとか/Everythingamajig (5)
アーティファクト

(1):コイン投げをする。あなたがコイン投げに勝ったなら、あなたのマナ・プールに(◇)(◇)を加える。この能力はあなたがインスタントを唱えられる時にしか起動できない。
(3),(T):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカード1枚を捨てる。この能力はあなたのターンの間しか起動できない。
(X):ターン終了時まで、なんでもかんとかはX/Xの構築物・アーティファクト・クリーチャーになる。

アーティスト:Chris Seaman


D:


なんでもかんとか/Everythingamajig (6)
アーティファクト

(T):あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナを1点加える。
(1),(T):対戦相手1人を対象とする。あなたの手札からカード1枚のフレイバー・テキストを声に出して読む。そのプレイヤーはそのカードのカード名を推測する。あなたはそのカードを公開してもよい。そうして、かつ対戦相手の推測が間違っていたなら、カードを1枚引く。
(8),(T):クリーチャー1体を対象とする。なんでもかんとかはそれに12点のダメージを与える。

アーティスト:Chris Seaman


E:


なんでもかんとか/Everythingamajig (5)
アーティファクト

土地1つを生け贄に捧げる:あなたは2点のライフを得る。
クリーチャー1体を生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに(◇)(◇)を加える。
(2),カード1枚を捨てる:あなたのライブラリーから、その捨てたカードのカード名と全く同じ単語をカード名に持つカード1枚を探し、それを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。

アーティスト:Chris Seaman


F:


なんでもかんとか/Everythingamajig (8)
アーティファクト

(1),(T):占術2を行う。
(1),(T),1点のライフを支払う:0/1の白のヤギ(Goat)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
(7),(T),なんでもかんとかを生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。次の終了ステップの開始時に、そのプレイヤーとライフ総量を交換し、あなたとそのプレイヤーがコントロールしているすべてのパーマネントのコントロールを交換し、あなたの手札にあるカード、あなたのライブラリーにあるカード、あなたの墓地にあるカードを交換する。

アーティスト:Chris Seaman


ネーミングのとおり、機能が雑多すぎて何を意図してデザインされたのか分からないアーティファクトマナ・コスト文章欄が違う6種類の変種がある。

その能力は過去のアーティファクト・カード起動型能力の詰め合わせであり、カード1枚の3つの内どれか1つは銀枠セットから選ばれている。

  • イラストに描かれている巨大アーティファクトには、よく見ると6つの既存のアーティファクトが組み込まれている。これらは変種ごとに1つの能力の元ネタがそれぞれ選ばれている(表中に太字で示す)。
1つ目の能力 2つ目の能力 3つ目の能力
A Giant Fan ドラゴンの血/Dragon Blood 伝染病の留め金/Contagion Clasp
B 愚か者の秘本/Fool's Tome 永劫の塔/Tower of Eons Spatula of the Ages
C Mana Screw 破裂の王笏/Disrupting Scepter キマイラ杖/Chimeric Staff
D モックス・ダイアモンド/Mox Diamond My First Tome 災難の塔/Tower of Calamities
E Zuran Orb アシュノッドの供犠台/Ashnod's Altar Urza's Hot Tub
F 水晶球/Crystal Ball 交易所/Trading Post Mirror Mirror

どれも有用な能力ではあるため、デッキに合致する種類があったら採用してもいいだろう。DIY熾天使/Do-It-Yourself SeraphのDIY先としても良い。

A
いずれもカウンターを操作する能力。
時間はかかるものの、自己完結しているのでリミテッドでも使いやすい。
B
いずれもピンチを回避するタイプの能力。
特に2番目の能力が起動できるようになればダメージによる敗北をかなり遠ざけることができる。3番目の能力は自身の生け贄が必要になるため、相応に強力なパーマネントを出せるときにのみ使いたい。
C
基本的に2番目の能力でアドバンテージを稼ぎ、対戦相手手札が尽きたら3番目の能力でクリーチャー化させ戦力に回したい。1番目の能力は運頼みなので不安定だが、マナがギリギリ足りない状況では助けられることも。
D
1番目も2番目も6マナのカードとしては効果が弱すぎるのが難点なので、基本的には3番目の能力を当てにすることになるだろう。
  • 1番目の能力自体はマナリス/Manalithなど同じものが複数あるが、上表の通りこのカードからイラストに反映されているのはモックス・ダイアモンド。
E
いずれもリソースを別のリソースに変換する能力。
変種の中で唯一全ての能力がタップ不要で使えるため、柔軟性が非常に高い。アドバンテージこそ得られないものの、適切に運用すれば便利なサポート要員になる。
F
8マナと、変種中で最もマナ・コストが重い。やはり3番目の能力を当てに投入することになるだろうか。
  • カード名は、everything(なんでもかんでも)とthingamajig(なんとかかんとか、名前が分からないものなどを指す語)の合成語。日本語訳もそれに準じている。

[編集] 関連カード

Unstableルール文章が異なる変種があるカードサイクル

それぞれのカードについて、ルール文章が異なる6種類の変種が存在する。一部のカードはイラストマナ・コストクリーチャー・タイプも異なるものがある。

また、アーティファクトにもなんでもかんとか/Everythingamajigが存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif