My First Tome

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

My First Tome (3)
アーティファクト

(1),(T):対戦相手1人を対象とする。あなたの手札のカード1枚のフレイバー・テキストを読む。そのプレイヤーはそのカード名を当てる。あなたはそのカードを公開してもよい。そうした上で相手が間違っていた場合、カードを1枚引く。


銀枠の「秘本」。手札にあるカードフレイバー・テキストを読みあげ、対戦相手カード名を当てられなかったらカードを引ける

有名なフレイバー・テキストでもなければ当てるのは難しいので、間違えてくれる可能性はそれなりにある。上手くいけば1マナでカードを引けるので狙う価値はある。多言語を混ぜると引ける可能性はより高くなるだろう。

ただ、同じ相手と同じデッキでプレイしていると、そのうちフレイバー・テキストを覚えられてしまうだろう。銀枠カードはカジュアルプレイで使う事のが普通のため、割と大きな弱点と言える。

  • フレイバー・テキストの無いカードは使えない。
  • 正解・不正解に関係なく、カードを公開しなくてもよい。そうした場合、カードを引くことはできない。
  • _____とフレイバー・テキストを持つカードが手札にあれば、それらのフレイバー・テキストを同じにすることにより的中率を最悪でも50%に留められる(もちろんカード名は違うものにしておくこと)。その場合、相手がカード名を言った後にカードをすりかえないように。
    • フレイバー・テキストが同じであるFlaccifyDenied!も同様。
  • Spell CounterName Droppingとのシナジーはかなり強力。
  • このカードがもう1枚手札にあったとしても、それをこの能力で使う意味は無いだろう。なにしろ、このカードのフレイバー・テキストにはカード名が書いてあるのだから。
This card is named My First Tome.
このカードの名前は「はじめての秘本」です。

[編集] 関連カード

「秘本」の名を冠するドロー・アーティファクトについてはジェイムデー秘本/Jayemdae Tomeを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif