タックス・ラック

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

タックス・ラック(Tax Rack)は黎明期のエクステンデッドで、土地税/Land Tax巻物棚/Scroll Rackシナジーを中核とした白赤ビートダウンデッキ。製作者はRandy Buehler


Land Tax / 土地税 (白)
エンチャント

あなたのアップキープの開始時に、対戦相手1人があなたより多くの土地をコントロールしている場合、あなたはあなたのライブラリーから基本土地カードを最大3枚まで探し、それらを公開し、あなたの手札に加えてもよい。そうした場合、あなたのライブラリーを切り直す。



Scroll Rack / 巻物棚 (2)
アーティファクト

(1),(T):あなたの手札のカードを望む枚数だけ裏向きのまま追放する。あなたのライブラリーのカードを上から同じ枚数だけあなたの手札に加える。その後、その追放されたカードを見てそれらをあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。


基本は標準的な白赤ビートダウンと同じで、ウィニークリーチャーによるビートダウン火力でサポートする。

ターン3枚土地カード手札に増えるという土地税/Land Taxの圧倒的なカード・アドバンテージ巻物棚/Scroll Rackを使用することでハンド・アドバンテージに変換する。追加の手札増強手段として税収/Titheも多くの場合併用される。

こうして得たアドバンテージを、浄火の鎧/Empyrial Armorによるクリーチャー強化に使用したり、炎の嵐/Firestormに変換して敵クリーチャーを一掃したりする。手札に土地が入りやすいことからマナ加速としてモックス・ダイアモンド/Mox Diamondが採用されることが多い。

あまりに得られるアドバンテージが大きすぎることから土地税は1998/1/1付けでエクステンデッドの禁止カードに指定されてしまい、このデッキもその命脈を絶たれることになった。

  • 同時期のエクステンデッドに存在した白赤ビートダウンのザ・ガンと異なり、こちらは純粋に土地税のアドバンテージ面にのみ着目したデッキと言うことができる。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (14)
2 ゴリラのシャーマン/Gorilla Shaman
4 サバンナ・ライオン/Savannah Lions
4 サルタリーの僧侶/Soltari Priest
4 白騎士/White Knight
呪文 (28)
3 解呪/Disenchant
2 炎の嵐/Firestorm
4 土地税/Land Tax
4 稲妻/Lightning Bolt
4 モックス・ダイアモンド/Mox Diamond
3 巻物棚/Scroll Rack
4 剣を鍬に/Swords to Plowshares
4 税収/Tithe
土地 (18)
1 Kjeldoran Outpost
8 平地/Plains
4 Plateau
1 Savannah
4 不毛の大地/Wasteland
サイドボード
3 沈黙のオーラ/Aura of Silence
1 解呪/Disenchant
2 ガイアの祝福/Gaea's Blessing
2 名誉の道行き/Honorable Passage
3 紅蓮破/Pyroblast
2 砂のゴーレム/Sand Golem
2 スレイマンの遺産/Suleiman's Legacy

[編集] 参考

QR Code.gif