乱動の座、オムナス/Omnath, Locus of the Roil

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Omnath, Locus of the Roil / 乱動の座、オムナス (1)(緑)(青)(赤)
伝説のクリーチャー — エレメンタル(Elemental)

乱動の座、オムナスが戦場に出たとき、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。これはそれに、あなたがコントロールしているエレメンタル(Elemental)の総数に等しい点数のダメージを与える。
土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたがコントロールしているエレメンタル1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。あなたが土地を8つ以上コントロールしているなら、カードを1枚引く。

3/3

赤緑ときて今度は緑青赤の3色となった3枚目のオムナス/Omnath怒りの座、オムナス/Omnath, Locus of Rage同様、エレメンタルの存在と土地戦場に出すことにメリットを与える2つの能力を持つ。

まずETB能力で自分がコントロールするエレメンタルの数に等しいダメージ火力を放つことができる。自身を数えるので、解決前に除去されなければ1点は与えられる。登場した基本セット2020のエレメンタルは数を並べることに適した傾向を持つため大ダメージを狙える場面も珍しくはなく、安定性こそ低いが役に立つ場面は多いだろう。

もう1つは、土地を出すたびにエレメンタル1体に+1/+1カウンターを乗せ、さらに土地が8つ以上ならカード引くことができる誘発型能力。継続的に誘発でき、単純な戦力増強から終盤での息切れ防止もこなす強力な能力であり、自身のサイズを上げて火力に対する耐性を高め、この能力でアドバンテージを取りやすくすることもできる。発現する浅瀬/Risen Reefとのシナジーは強く、ひとたび並べばあとは後続のエレメンタルを出すだけで膨大なアドバンテージを獲得しうる。

スタンダードでは世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World炎の侍祭、チャンドラ/Chandra, Acolyte of Flameをこのカードの相方に据えることが考えられる[1]

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2020楔3色伝説のクリーチャーサイクル。いずれも神話レア

[編集] ストーリー

詳細はオムナス/Omnathを参照。

[編集] 脚注

  1. エレメンタルのデッキ案(スタンダード) 岩SHOWの「デイリー・デッキ」(マジック日本公式サイト 2019年7月9日)

[編集] 参考

QR Code.gif