類人猿

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

類人猿Ape)はクリーチャー・タイプの1つ。ゴリラなどの大型の猿の類である。


Kird Ape / 密林の猿人 (赤)
クリーチャー — 類人猿(Ape)

密林の猿人は、あなたが森(Forest)をコントロールしているかぎり+1/+2の修整を受ける。

1/1


Uktabi Orangutan / ウークタビー・オランウータン (2)(緑)
クリーチャー — 類人猿(Ape)

ウークタビー・オランウータンが戦場に出たとき、アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。

2/2


Grunn, the Lonely King / 孤独な王、グラン (4)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — 類人猿(Ape) 戦士(Warrior)

キッカー(3)(あなたはこの呪文を唱えるに際し、追加で(3)を支払ってもよい。)
孤独な王、グランがキッカーされていたなら、これは+1/+1カウンターが5個置かれた状態で戦場に出る。
孤独な王、グランが単独で攻撃するたび、ターン終了時まで、これのパワーとタフネスを2倍にする。

5/5

初出はアラビアンナイト密林の猿人/Kird Apeアライアンスでは類人猿とは別にゴリラというタイプが多く登場したが、ウルザズ・サーガゴリラの戦士/Gorilla Warrior以降ゴリラも類人猿で統一されるようになり、過去のゴリラ・クリーチャーも幾多のオラクル更新を経て類人猿となった。というタイプもあり、一時期これも類人猿に統合していたが、カラデシュで再び独立したクリーチャー・タイプとなった。

にのみ存在する。

サイズにはばらつきがあり、1/1のものから7/7のものまで存在する(銀枠には8/8のUktabi Kongも存在する)。基本セットでは再生を持つゴリラの酋長/Gorilla Chieftainおよび年経たシルバーバック/Ancient Silverbackが何度か収録されており印象深く感じるが、再生を持つ類人猿はこの2体のみ。アーティファクト破壊する能力を持つウークタビー・オランウータン/Uktabi Orangutanゴリラのシャーマン/Gorilla Shamanの2体も印象的だが、アーティファクト破壊能力を持つものも実際にはその2体と銀枠のUktabi Kongしか存在せず、思いのほか能力に関してまとまりはない。

類人猿・トークン生成するカードは猿術/Pongifyが存在する。かつては猿の檻/Monkey Cageも類人猿トークンを生成していたが、後に猿に変更された。銀枠を含めれば、Uktabi KongとSide to Sideも類人猿トークンを生成する。

伝説の類人猿は、ドミナリア現在孤独な王、グラン/Grunn, the Lonely Kingのみ。

  • 類人猿に変化するカードには隠れたるテナガザル/Hidden Gibbons樹上の村/Treetop Villageが存在する。
  • ApeとMonkeyの違いとしては、ゴリラ、チンパンジー、オラウータン、テナガザルなど比較的大型で尾のないサルをApe、ニホンザルやヒヒなど比較的小型で尾のあるサルをMonkeyと呼ぶ。

[編集] 参考

QR Code.gif