無限の日時計/Sundial of the Infinite

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sundial of the Infinite / 無限の日時計 (2)
アーティファクト

(1),(T):ターンを終了する。この能力は、あなたのターンの間にのみ起動できる。(スタック上のすべての呪文と能力を追放する。あなたの手札の枚数の最大値になるまで手札を捨てる。ダメージは取り除かれ、「このターン」と「ターン終了時まで」の効果は終了する。)


コストが大幅に軽くなったうえ、繰り返し利用可能になった時間停止/Time Stop。ただしその代わりとして自分ターンにしか起動できなくなっている。

能動的にはデメリットとなる誘発型能力を無視するという使い道が考えられる(生体融合帽/Grafted Skullcapファイレクシアン・ドレッドノート/Phyrexian Dreadnoughtなど)。微光角の鹿/Glimmerpoint Stag突然の消失/Sudden Disappearanceのような「追放したパーマネントが後で戻ってくる」遅延誘発型能力をこれで消してしまい、追放されたままにするということもできる。他には煙突/Smokestackのような、お互いに不利益を与える能力から自分だけを守るのもよい。

こちらのターン中に対戦相手が使ってきた呪文起動型能力対応して起動することで実質的なカウンターとして使える。なお、自分のアップキープに使用された呪文をこの方法で打ち消す場合、自分のドローも消えることになるのでアドバンテージを得ていないことに注意。

[編集] 参考

QR Code.gif