煙突/Smokestack

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Smokestack / 煙突 (4)
アーティファクト

あなたのアップキープの開始時に、あなたは煙突の上にスス(soot)・カウンターを1個置いてもよい。
各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは煙突の上に置かれたスス・カウンター1個につき、パーマネントを1つ生け贄に捧げる。


お互いにパーマネントを減らしていくアーティファクト。毎ターン、ススカウンターを増やしてくことで、生け贄に捧げるパーマネントの数が増えていく。そのため、これを相手にするときは、早めに対処する必要がある。

スタンダード期には見向きもされなかったカードの一つだが、オデッセイ・ブロック導入後の辺りからエターナルにおいてスタックスの中核として活躍。これと抵抗の宝球/Sphere of Resistanceなどのコスト増加カードを出すと、土地を伸ばさないと呪文唱えることができないが、その土地が毎ターン削られてしまうという具合でロックが決まる。

  • 自分のアップキープ開始時に二つの能力は同時に誘発するので、好きな順でスタックに乗せてよい。通常は1番目の能力を先にスタックに乗せ、生け贄に捧げる数を少なくするだろう。カウンターを乗せるつもりが無いならどちらが先でも同じことであるが。
    • 上記の手順ゆえに「先に生け贄を捧げなければならないのは対戦相手」であり、ある瞬間(対戦相手のターン中)だけに注目すれば出したプレイヤーのほうが有利。ただし、結局出したプレイヤーも自分のアップキープには同数の生け贄をださなければならないので、長いスパンでは生け贄に捧げるパーマネントの数は同じである。ただ、こちらはパーマネントの数を水増しできる構成のデッキを作れるが、対戦相手はその限りでは無い。
      • 一時的に大きな有利を作り出し、これに対処しようとする対戦相手に隙を生じさせ、その隙に付け込んでより優位な状況を作れることが、このカードの真価であろう。
  • この能力で煙突自身を生け贄に捧げてもよい。他に生け贄に捧げるものが無ければ、強制的に生け贄となる。
  • 生け贄に捧げる方の能力をスタックに乗せ、その解決前に何らかの効果で煙突が戦場を離れた場合、最後の情報により戦場を離れる前のカウンターの数を数える。
  • 時エイトグ/Chronatog瞑想/Meditateなどの自分のターンを飛ばすカードと相性が良い。カウンターが2〜3個たまってから時エイトグを出すとそれだけで勝てるときも。
  • 肉占い/Sarcomancyなど複数のパーマネントを展開するカードとも相性が良い。
  • 生け贄の適用範囲がパーマネント全般なので、単色単色で組んだデッキであってもプロテクション持ちパーマネントやエンチャントまで除去できる可能性がある。そのため、これを投入した土地破壊デッキも存在した。若干重いが、対戦相手も土地を破壊されて遅くなるし、序盤に出されたパーマネントも除去できるため結構強力。
  • 能力が若干違うがクリーチャーになると陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion

[編集] 参考

QR Code.gif