激情/Fury

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fury / 激情 (3)(赤)(赤)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental) インカーネーション(Incarnation)

二段攻撃
激情が戦場に出たとき、望む数の、クリーチャーやプレインズウォーカーを対象とし、4点分をあなたの望むように割り振る。これはそれらにその割り振ったダメージを与える。
想起 ― あなたの手札から赤のカード1枚を追放する。

3/3

エレメンタルインカーネーションプレイヤー対象に取れない発火/Pyrotechnics二段攻撃も持つ。

瞬速速攻は持っていないので、生撃ちであれば色拘束がきつくなったことで3/3二段攻撃がついてくるようになった発火という趣き。ブロッカープレインズウォーカーを排除しながら3/3二段攻撃が戦場に残るのは対戦相手からすると非常に厄介だし、逆にリソースを高速展開に費やすようなデッキからするとそれらを1ターン目から割り振り火力で一掃されるのもたまったものではない。

純粋なコントロールデッキ相手にはやや活躍しづらいが、それ以外ではほぼ腐らない小器用な1枚と言える。このサイクルは実は想起した時以上に素出しの強さが評価の大きなファクターとなっているが、このカードは栄光をもたらすもの/Glorybringerのようなボード・アドバンテージを即座に得られるファッティという点で見た目以上に使い勝手は良い。

モダンでは登場早々の合うデッキに広く使われている。赤黒アグロモダンホライゾン2で得た新戦力としては戦慄の朗詠者、トーラック/Tourach, Dread Cantor敏捷なこそ泥、ラガバン/Ragavan, Nimble Pilfererなどのタフネス1が目立ち、それらをついでのように処理できるのが美味しい。またモダンで赤が濃いデッキといえば現状のメタゲームではほぼ定番である血染めの月/Blood Moon高山の月/Alpine Moon系のカードを複数枚手札で腐らせないのも1つの利点。エレメンタルデッキでも言うまでも無く採用される。

統率者戦でも赤は手札を回転・補充させる動きが主要になる色であり想起として使いやすく、新たなピッチスペルとして活躍する。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

モダンホライゾン2エレメンタルインカーネーションサイクルETB能力想起を持つ。想起コストマナ支払いではなく、自身と同じ手札を1枚追放することで、ピッチスペルの一種と言える。稀少度神話レア

[編集] 参考

QR Code.gif
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
QR Code.gif