敏捷なこそ泥、ラガバン/Ragavan, Nimble Pilferer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ragavan, Nimble Pilferer / 敏捷なこそ泥、ラガバン (赤)
伝説のクリーチャー — 猿(Monkey) 海賊(Pirate)

敏捷なこそ泥、ラガバンがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、宝物(Treasure)トークン1つを生成し、そのプレイヤーのライブラリーの一番上のカードを追放する。ターン終了時まで、あなたはそのカードを唱えてもよい。
疾駆(1)(赤)(あなたはこの呪文を、これの疾駆コストで唱えてもよい。そうしたなら、これは速攻を得て、次の終了ステップの開始時に、これを戦場からオーナーの手札に戻す。)

2/1

カーリ・ゼヴ/Kari Zevの相棒である。これまでも航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider生成するクリーチャートークンとしてゲームに登場していたが、単体でカード化された。

対戦相手に手を出すたびに宝物をせっせと掠め、ライブラリートップ拝借してくるとんでもないウィニー。さらに総量2マナ疾駆を扱えるため対戦相手の守りが空いた瞬間に速攻で確実な窃盗が行える。さながらこのサボタージュ能力もぎ取り刃/Prying Blade義賊/Robber of the Richヴィーアシーノの砂漠の斥候/Viashino Sandscoutらを1枚にまとめあげたような概観をしているが、この性能にしてたった1マナでサイズ2/1とモダンエターナル限定カードとしても過剰なほどの、非常に高いコスト・パフォーマンスを持つ。サバンナ・ライオン/Savannah Lionsが遠い彼方に見える。

ブロックされない状況を作り出すことができれば、毎ターンマナ・アドバンテージと疑似的なハンド・アドバンテージを得ることができる。1ターン目に唱えるだけで大きなプレッシャーを放ち、このカードの殴る道を開け続ける事ができればそのまま勝利できると言ってもあながち間違いではないだろう。サボタージュ能力で得る宝物トークンは対戦相手とデッキカラーが異なっていて折角盗んだカードを唱えられない状況を回避できるほか、疾駆のコストが実質的に1マナで済むという事でもあり、3つの能力ががっちり噛み合っている。

除去耐性回避能力等は一切ないため、は越えられないし除去での対処自体は容易。しかし、これ自体は1マナのクリーチャーであり、2マナ以上のカードと1:1交換されるとテンポ・アドバンテージを奪えるため、それなりに対処方法にも気を使わせることができる。

モダンでは軸のアグロ全般、ジャンド、新型の版図Zooなど、1ターン目に赤マナを用意できるデッキ全般で既に幅広く試用されている。登場早々それらのデッキの1ターン目の最良の動きとして定着した。赤軸で低マナ域で完結するフェアデッキならほとんどで候補に挙がるぐらいだが、純正のバーンでは採用しないパターンが多い。

レガシーではマナ総量が小さなカードが中心になるフォーマットであるという都合上、実質的なカードパワーはモダンよりも遥かに上回り、特に青赤デルバーのようなクロック・パーミッションでは主役を務めている。それらのデッキでよく採用されるピッチカウンターとの相性が非常によく、ピッチカウンターがこれを除去から守り、これがピッチコストによって失われたアドバンテージを回復しつつ追加のアドバンテージを稼ぐ。

このカードを主軸としたクロック・パーミッションデッキは、イゼット・ラガバン、あるいはカウンターモンキーと呼ばれる。

[編集] 禁止指定

テーブルトップでは2022年1月25日、Magic Onlineでは2022年1月27日よりレガシーで禁止カードに指定される[1]。ピッチカウンターや1マナドローソースを筆頭に「ラガバンを援護しやすく、ラガバンでめくれても美味しい」カードが支配率が高いフォーマットという事もあり、モダンを超えるカードパワーを押し付けていたのが理由。

[編集] ストーリー

ラガバン/Ragavanカラデシュ/Kaladeshに住む。雄。密航した飛空船でカーリ・ゼヴ/Kari Zevと出会い、彼女の相棒にして空賊の一員となった。

詳細はラガバン/Ragavanを参照。

[編集] 脚注

  1. January 25, 2022 Banned and Restricted Announcement2022年1月25日 禁止制限告知(Daily MTG 2022年1月25日)

[編集] 参考

QR Code.gif