溶岩震/Magmaquake

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Magmaquake / 溶岩震 (X)(赤)(赤)
インスタント

溶岩震は、飛行を持たない各クリーチャーと各プレインズウォーカーにそれぞれX点のダメージを与える。


プレイヤーでなくプレインズウォーカーダメージ与える断層/Fault Line。今までもプレイヤーへのダメージの移し変えという形でプレインズウォーカーに火力を撃つことはできたが、プレインズウォーカーを直接指定している火力は次元カードを除けばこれが初。

全体火力は基本的にコントロールビートダウンに対して使うカードであるから、ライフ削れないデメリットよりもライフを失わないメリットの方が大きい。さらに全体除去には珍しくインスタントであるため、カウンターの隙を突きやすく、速攻持ちやミシュラランドに対しても有効である。

火種が2マナX火力であり、マナ効率は高くない。高タフネスクリーチャーはもちろん、プレインズウォーカー対策としても重さが気になるところ。また当然のことながら自身のプレインズウォーカーにもダメージが入るので、「全体除去で場を流し、プレインズウォーカーで盤面を支配する」といった事もやりにくくなる。

スタンダードでは忌むべき者のかがり火/Bonfire of the Damnedなどライバルも多い。特に環境クロック・パーミッション昆虫の逸脱者/Insectile Aberrationなどの飛行持ちを多用するため、前述のカウンターに強い利点を活かしづらいのが難点。ローテーション後はその秘密を掘り下げる者自体の採用率が下がり、地上クリーチャーの多い環境になりつつあるため、相対的に価値は上がってきている。プレインズウォーカーとの共存が難しい点は気がかりなものの、十分にコントロールにおける全体除去の候補となるだろう。

エクステンデッドでは金屑の嵐/Slagstorm鞭打ち炎/Whipflareなどのライバルもある。

リミテッドでは歴代の全体X火力同様、Xの値を適当に調節することで一方的にボード・アドバンテージを取れる強力な除去フライヤーに無力な点には注意。

[編集] 参考

QR Code.gif