死の国のケルベロス/Underworld Cerberus

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Underworld Cerberus / 死の国のケルベロス (3)(黒)(赤)
クリーチャー — 猟犬(Hound)

死の国のケルベロスは3体以上のクリーチャーによってしかブロックされない。
墓地にあるカードは呪文や能力の対象にならない。
死の国のケルベロスが死亡したとき、これを追放し、各プレイヤーはそれぞれ自分の墓地にあるすべてのクリーチャー・カードを自分の手札に戻す。

6/6

優秀なマナレシオに加えて多彩な能力を持つ大型猟犬

5マナにして6/6のサイズと強力な回避能力を持っており、アタッカーとしての性能が非常に高い。

2番目と3番目は墓地関連の能力で、少々特殊。うまく使えば有効活用もできるが、状況によっては自分の首を絞めたり対戦相手に得をさせてしまったりというペナルティ能力にもなりかねない。コントロール・デッキフィニッシャーとして使う場合には特に問題になりやすい。ただ、自身の回避能力によって相手の後続が墓地に落ちにくくなっているし、登場時のスタンダードでは黒赤と言えばビートダウンなど前のめりなデッキが多いのは追い風。

ボール・ライトニング/Ball Lightning系統の歩く火力のような、自動的に死亡するクリーチャーとの相性はよい。特に騙し討ち/Sneak Attackとは強いシナジーがあり、騙し討ちで次々にクリーチャーをぶつけた後、これ自身も騙し討ちで突っ込ませれば使い捨ての弾薬を再補充するような動きになる。

また先にライブラリー破壊を自身に撃って大量のクリーチャー・カードを墓地に確保しておき、生け贄に捧げる手段などと併用してアドバンテージを稼ぐことも考えられる。これ自身の2番目の能力によって、対象を取る墓地対策が効かなくなるのも利点。大量にクリーチャー・カードを集めた後は、エレボスの使者/Erebos's Emissaryや前述の騙し討ちなどにつなげると強力。

  • カード名からもわかる通り、ギリシア神話の“地獄の番犬”ケルベロスがモチーフ。
    • 1番目の回避能力は「3つの首を持つ」という性質を示している。過去には双頭のドラゴン/Two-Headed Dragonが同じコンセプトの回避能力を持っていた。
    • 2番目と3番目の能力は「冥界の門番」という役割を示している。ケルベロスが居座っている限りは誰も冥界(墓地)に手出しできないが、いなくなってしまうと冥界から死者たちが逃げ出してしまう。

[編集] 参考

QR Code.gif