揺るぎないサルカン/Sarkhan Unbroken

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sarkhan Unbroken / 揺るぎないサルカン (2)(緑)(青)(赤)
プレインズウォーカー — サルカン(Sarkhan)

[+1]:カードを1枚引く。その後、あなたのマナ・プールに好きな色のマナ1点を加える。
[-2]:飛行を持つ赤の4/4のドラゴン(Dragon)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
[-8]:あなたのライブラリーから望む数のドラゴン・クリーチャー・カードを探し、それらを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

4

タルキール龍紀伝で登場した4枚目のサルカン忠誠度能力は、ドローマナ生成、ドラゴントークン生成、ライブラリーからのドラゴンのサーチ展開

+1能力
1枚カード引くとともに、好きな色マナを1点生成する。
忠誠度を上げながら確実にハンド・アドバンテージを稼げるのは便利。
色マナは1点しか生み出さないためマナ加速としては些細なものだが、これ自体が3色であることを考えると必然的に多色デッキで使うことになるため、マナ基盤の安定化にわずかでも貢献できるのは悪くない。
-2能力
4/4飛行のドラゴン・トークンを戦場に出す
ボード・アドバンテージに直結した能力。サイズに優れ、アタッカーとしても、対戦相手攻撃からサルカン自身を守るブロッカーとしても実用性が高い。
-8能力
ライブラリーから好きな枚数のドラゴン・クリーチャー探して戦場に出す。かのドラゴンストームを体現したかのような能力。
どの程度役立つかはデッキ次第だが、基本的にサイズが大きいドラゴンならば3体程度出すだけでもかなりの優勢となるだろう。嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragonのような速攻持ちのドラゴンを大量展開できれば即座に勝利することも不可能ではない。

いずれの忠誠度能力もアドバンテージを簡単に稼げるものばかりであり、+1能力・-2能力共にデッキタイプを問わない汎用性の高さが魅力。その反面、青赤緑3色の色拘束、5マナという重さに加え、初期忠誠度もそれほど高くないのは弱点と言える。稼いだアドバンテージを利用して上手く守りたい。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

タルキール/Tarkirの過去を改変し、現代に戻ってきたサルカン/Sarkhan

詳細はサルカン・ヴォル/Sarkhan Vol (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif