龍魂、サルカン/Sarkhan, Dragonsoul

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sarkhan, Dragonsoul / 龍魂、サルカン (4)(赤)(赤)
伝説のプレインズウォーカー — サルカン(Sarkhan)

[+2]:龍魂、サルカンは各対戦相手と対戦相手がコントロールしている各クリーチャーにそれぞれ1点のダメージを与える。
[-3]:プレイヤー1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。龍魂、サルカンはそれに4点のダメージを与える。
[-9]:あなたのライブラリーから望む数のドラゴン(Dragon)・クリーチャー・カードを探して戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

5

基本セット2019プレインズウォーカーデッキに収録されたサルカン忠誠度能力は、敵陣営への全体火力本体火力ドラゴンサーチ展開

+2能力
敵陣営への1点全体火力。
対戦相手のライフを削りつつ、小粒のチャンプブロッカーを一掃し、火力呪文戦闘で敵クリーチャーを討ち取りやすくなる。中盤以降、守りを固めたブロッカー突破のカギを握る能力
与えるダメージこそ最小限だが、忠誠度の上り幅も高く、使いやすい能力
-3能力
プレイヤープレインズウォーカーへの4点ダメージ。
プレイヤーのライフを直接攻めることが可能だが、忠誠度の消費が大きく連射が利かない。ライフを攻めるだけなら+2能力でも事足りるし、そこから+9能力に繋げたほうが確実な勝利に繋がりやすい。
基本的には敵プレインズウォーカーへの牽制として構えておき、あと1歩で勝利できそうな場面でプレイヤーに撃ち込むようにすると良いだろう。
-9能力
ライブラリーから好きな枚数のドラゴン・クリーチャーを探して戦場に出す揺るぎないサルカン/Sarkhan Unbrokenと全く同じ、ドラゴンストームを巻き起こす奥義。
デッキに収録されているドラゴンは大型の物が多く、全て並べれば致命的な打点となる。特に速攻を持つ火山のドラゴン/Volcanic Dragonはすぐに攻撃でき、攻撃が通る状況なら即座に勝利できる可能性がある。
大型のドラゴンを増やせばより強力になるが、入れ過ぎるとデッキの安定性を欠くことになる。デッキ構築の際に、重量級カードの配分とマナカーブを考える切っ掛けにもなる能力といえる。

いずれの能力も攻撃的で、攻め立てている状況で役立つ内容となっている。初心者にとって「火力とクリーチャーの連携」を学ぶ材料になると共に、ずらりとドラゴンを並べるド派手な奥義の存在がティミー向け体験をもたらす一枚となっている。

構築基準では、6マナのプレインズウォーカーとしては奥義以外の効果が小さいのが気になるところ。一方で奥義の爆発力は高く、優秀なドラゴンさえ用意できるならポテンシャルは高めと言える。除去栄光の幕切れ/Glorious End等でサルカンを守り、栄光をもたらすもの/Glorybringer等を絡めてワンショットキルを決めるデッキも成立し得るだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2019プレインズウォーカーデッキ収録のプレインズウォーカーサイクル。いずれも神話レア

[編集] ストーリー

詳細はサルカン・ヴォル/Sarkhan Vol (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif