天主の勢力/Clout of the Dominus

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Clout of the Dominus / 天主の勢力 (青/赤)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーが青であるかぎり、それは+1/+1の修整を受けるとともに被覆を持つ。(それは呪文や能力の対象にならない。)
エンチャントされているクリーチャーが赤であるかぎり、それは+1/+1の修整を受けるとともに速攻を持つ。


イーブンタイドの、亜神の名を冠したオーラサイクルのうちの1枚。

サイクル中最も軽いカードの1つ。パワータフネス修整はそれでいてサイクルの他のオーラと変化がないため、1マナで最大+2/+2の修整はコスト・パフォーマンスに優れている。

だが、付随して与えられる能力はあまり一貫性がない。被覆を与える能力は強力で、呪文や能力による強化ができないという戦闘面でのデメリットをサイズの増加によって自己完結的に補っている。一方、速攻付与は基本的にはクリーチャー戦場に出たターンにのみ有効な能力であり、効果的な場面が限られる。サイクルの他のオーラに比べ、の合致する青赤のクリーチャーにエンチャントした場合のうまみが大きくない。効果を最大限活かすよりも、ある程度割り切った運用が要求されるカードだろう。稲妻のすね当て/Lightning Greavesに近いが、付け替えが難しくクリーチャーの色も選ぶので、通常の構築ではまず見られなかった。

しかしPauperなどのコモン構築では、全体除去が乏しい上にクリーチャー戦になりやすいため被覆とサイズアップがより強力にはたらく。更にイーブンタイドのコモンの青赤混成クリーチャーには回避能力を持つものが多いため、除去耐性回避能力を持つファッティを手軽に準備できる。Pauperではこの名を冠したDominus Deck Winsというビートダウンデッキが存在し、特に非公式で行われているコモン限定のスタンダードブロック構築などのカードプールの狭い環境で活躍した。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イーブンタイド亜神の名を冠するオーラサイクル混成カードであり、エンチャントされたクリーチャーに応じてそれぞれ+1/+1の修整能力を与える(御身の刃/Edge of the Divinityは能力を与えない代わりに+1/+2,+2/+1の修整を与える)。

シャドウムーア亜神の名を冠したオーラサイクル混成カードであり、エンチャントされたクリーチャーに応じてそれぞれ+1/+1の修整能力を与える。

[編集] 参考

QR Code.gif