卑小な回収者/Vile Redeemer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vile Redeemer / 卑小な回収者 (2)(緑)
クリーチャー — エルドラージ(Eldrazi)

欠色(このカードは無色である。)
瞬速
あなたが卑小な回収者を唱えたとき、あなたは(◇)を支払ってもよい。そうしたなら、このターンにあなたのコントロール下で死亡したトークンでないクリーチャー1体につき、無色の1/1のエルドラージ(Eldrazi)・末裔(Scion)クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。それらのトークンは「このクリーチャーを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに(◇)を加える。」を持つ。

3/3

エルドラージ鉤爪の統率者/Caller of the Claw

鉤爪の統率者と比較すると、能力まで含めたコストが1マナ重い上にトークンサイズが小さくなってしまった点は弱体化と言えるが、トークンが末裔であるためマナ加速になる点や打ち消しに若干の耐性がある点、本体のサイズが大きくなっている点などは強化点と言え、一長一短。

基本的な使い方は本家同様、主に除去(特に全体除去)への対策として用いることになる。前述の通り本体のサイズが上がっており、素出しで使った場合でも及第点の性能を持っている点も評価できる。特に鉤爪の統率者が抱えがちだった「本体は戦闘に不向きであり、戦場クリーチャーが並んでいない序盤には手札で持て余しがち」という弱点がいくらか緩和されているため、序盤は積極的に素出しして戦闘をこなすのがよいだろう。

構築で採用するならば、やはりコントロールデッキ対策として使用するのが最もシンプル。コンボ的に利用するならば積極的にクリーチャーを死亡させるアリストクラッツ先祖の結集での採用が考えられるか。いずれの場合も無色マナを確実に供給できるようマナ基盤を整えたい。

リミテッドでは色拘束が薄くコンバット・トリックに使える3/3というだけで強力。

[編集] 関連カード

ゲートウォッチの誓いの、唱えたときに誘発する誘発型能力を持つエルドラージクリーチャーサイクル。いずれもコストとして無色マナを要求する。レアに1枚ずつ存在する。

[編集] サイクル共通のルール

[編集] 参考

QR Code.gif