液状の火/Liquid Fire

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Liquid Fire / 液状の火 (4)(赤)(赤)
ソーサリー

液状の火を唱えるための追加コストとして、0から5までの数を選ぶ。
クリーチャー1体を対象とする。液状の火は、それにX点のダメージを与え、それのコントローラーに5引くX点のダメージを与える。Xは選ばれた数である。


クリーチャー1体とそのコントローラーに5点のダメージ割り振るソーサリー火力

対戦相手がクリーチャーをコントロールしていないと使えず、また、6マナ重いといった欠点から、構築で使われることは少ない。

リミテッドでも、重い割に複数のクリーチャーに割り振ることができない点から、この手の呪文としては使いづらい部類に入る。もっとも、大半のクリーチャーを除去でき、本体火力にもなるのだから、十分使用に堪えうる呪文ではある。

  • 対象に取るのはクリーチャーのみなので、被覆を持つプレイヤーにもダメージを割り振ることはできる。

[編集] オラクルの変遷

以前は、対象にとったものとそうでないものにダメージを割り振る唯一のカードであり、これのためにCR:409.1e(現在のCR:601.2d)は「対象にとっていないもの」も割り振りに含めるように変更を余儀なくされた。このとき、「割り振る」のルールによって、両方に1点以上のダメージを与えなければいけなかった。

「5対0または0対5の分配が可能」「唱える時にダメージを分配する(解決時だと何点のダメージが来るのか分からず、再生タフネス強化をする必要があるのか判断できない)」「解決時に分配を望む他の効果のためのルールを台無しにしない」の基準を満たすため、2009年4月24日のオラクル更新で、「割り振る」を用いず、追加コストで0から5までの数字を選び、ダメージを分けるというルール文章に変更された。この変更に伴い、CR:409.1eから「対象にとっていないもの」に関する記述は削除された。

[編集] 参考

QR Code.gif