偉大なる存在の探索/In Search of Greatness

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

In Search of Greatness / 偉大なる存在の探索 (緑)(緑)
エンチャント

あなたのアップキープの開始時に、あなたはあなたの手札から、あなたがコントロールしている、他のすべてのパーマネントの中で最も大きいマナ総量に1を足した値に等しいマナ総量を持つパーマネント呪文1つをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。そうしないなら、占術1を行う。


自分のアップキープ毎にすでに戦場に存在するパーマネントよりも1マナ分大きなものに限り、タダ出しできるエンチャント

ダブルシンボルでありこれ自体の色拘束が若干強いものの、一度戦場に出してしまえば以後は毎ターン「現在支払えるマナの上限を上回るパーマネント」あるいは「本来なら色拘束の面で唱えることのできないパーマネント」をマナ・コストなしで唱える機会を得られる。温存されたマナを有効活用して戦場のパーマネントを守っていければ、これ1枚で多色ランプ戦略を達成することも可能となる。条件に当てはまるカードが手札にない時や、あるいは唱えたくない時でも占術1を行えるのが嬉しい。

特に、同じカルドハイムのカードで同でもある樹の神、エシカ/Esika, God of the Treeとは相性が良く、エシカから4マナのパーマネントにつなげ、さらにそこから2枚目のエシカを虹色の橋/The Prismatic Bridgeとして出せれば、次のアップキープには占術1を行った後に虹色の橋の能力を使用でき、フィニッシャー級のクリーチャーもしくはプレインズウォーカーを戦場に出せる確率が一層高まる。

パーマネント限定の踏み倒しカードとしては珍しく、直接戦場に出すのではなく唱えている点に注意。対応して打ち消すこともできるし、唱える行為に制約をかける効果の影響を受け、追加コストコスト増加の影響がある場合は別途支払う必要がある。他方、キッカーなどの任意の追加コストを支払うことができたり、唱えたときの誘発型能力誘発するなど悪いことばかりでもない。実用性はともかく触れられざる者フェイジ/Phage the Untouchableを踏み倒せる数少ない手段でもある。

[編集] ルール

[編集] 参考

QR Code.gif