ヤヘンニの巧技/Yahenni's Expertise

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Yahenni's Expertise / ヤヘンニの巧技 (2)(黒)(黒)
ソーサリー

ターン終了時まで、すべてのクリーチャーは-3/-3の修整を受ける。
あなたは、あなたの手札から点数で見たマナ・コストが3以下のカード1枚を、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。


不死の援護者、ヤヘンニ/Yahenni, Undying Partisanの巧技は、全体マイナス修整

全体を-3/-3するカードは例がないので比較が難しいが、衰滅/Languishの修整値が一回り小さくなった代わりにおまけが付いてきたものと考えればいいだろう。この手のカードが最も刺さるウィニー寄りのアグロデッキに対しては-3/-3も-4/-4も大して変わらないので、後半の能力があるぶん扱いやすい。

一方で、タフネスが4以上のクリーチャー環境に多いようなら全体除去としての信頼性は薄れる。スタンダードにおいては、ソーサリー除去に強い機体を擁するマルドゥ機体+1/+1カウンターを多用する黒緑巻きつき蛇など天敵が多い点がネックだろう。

やや狭い除去範囲が問題にならないならば、2番目の能力は全体除去についてくるおまけとしては便利なもの。更地になった戦場にこちらだけクリーチャーやプレインズウォーカーを投下したり、他の除去呪文と合わせて撃ち漏らしを片付けたり、ドローライフ回復に充ててコントロールを盤石にしたりと、手札次第な面はあるものの小回りが利く。

スタンダードでは黒緑巻きつき蛇など様々な系デッキで、しばしばサイドボードに採用される。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

霊気紛争の巧技サイクル。いずれもレアソーサリーで各に1枚ずつ存在し、同時に収録された同色の伝説のクリーチャー・サイクルの名を冠する。解決時に元の呪文より点数で見たマナ・コストが1つ小さいカード1枚をマナ・コストを支払うことなく唱えることができる。

[編集] 参考

QR Code.gif