ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Goblin Charbelcher / ゴブリンの放火砲 (4)
アーティファクト

(3),(T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。あなたのライブラリーを、土地カードが公開されるまで上から1枚ずつ公開する。ゴブリンの放火砲はこれにより公開された土地でないカードの数に等しい点数のダメージをそれに与える。もし公開されたカードが山(Mountain)である場合、ゴブリンの放火砲は代わりに2倍のダメージを与える。公開されたカードを、望む順番であなたのライブラリーの一番下に置く。


ミラディン産の強力アーティファクトの一つ。ダメージ量がライブラリーの並びに左右される破滅のロッド/Rod of Ruinゴブリンの名を冠すだけあって、を使っていると威力が2倍になる。

何のお膳立てもなく使うと0~1点のダメージで終わってしまうこともしばしばだが、これを主軸に据えた専用デッキならば話は別。各種フォーマットコンボパーツとして活躍を見せている。

  • ゴブリンの名が冠せられているにもかかわらず、デメリットの見当たらない珍しいカード
  • Charbelcherの読みは「チャーベルチャー」に近い。このCharは黒焦げ/Charと同じである。

[編集] フォーマット別デッキ構築例

スタンダード
スタンダードでは、変幻の杖/Proteus Staffおよび急報/Raise the Alarmと組み合わせて利用されていた。また、土地が山/Mountain数枚しか入っていないバージョンもあった。アイアンワークスの決戦兵器としても使われる。
エクステンデッド
エクステンデッドでは、マナ切り離し/Mana Severanceとのコンボが有名だった。→マナベルチャー
ゴブリン徴募兵/Goblin Recruiterとのコンボも有名で、ゴブヴァンテージに組み込まれた(が、ゴブリン徴募兵/Goblin Recruiter禁止されたのでエクステンデッドでは実現不可能に)。
エターナル
エターナルでは、デッキに土地を2枚程度しか入れず、起動すればほぼ確実にゲームが終了するフィニッシャーとして用いられる。→Charbelcher

[編集] ルール

  • これで土地カードを公開することなくライブラリーが全てめくれたなら、その時点で公開は終了し、公開したカードの枚数に等しいダメージ対象与えられる。
  • これで公開を始めたら、能力の解決が開始しているので、打ち消すことも対応して何かすることもできない。トラブルにならないように、きちんと解決を始めてよいか確認すること。

[編集] 参考

QR Code.gif