非公開情報

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

非公開情報(Hidden Information)は、ゲーム中において、一部のプレイヤーしか知ることができない情報、もしくは誰も知ることができない情報の総称。2009年7月の総合ルール更新で削除されるまでは総合ルールの用語集に俗語として掲載されていた。

各プレイヤーの手札にあるカード、ライブラリーの構成カード、サイドボードなどがこれに当たる。

公開情報から、いかにこれらの非公開情報を予想するかがマジックの面白さ、醍醐味の1つである。また基本的に公開されないことを前提としている情報であるため、これらの情報を得られるカードは強力だったり便利だったりすることが多い。例をあげると強迫/Duressは、本来は知り得ないはずの相手の手札を見られることと、その中の嫌なカードを捨てさせられることが合わさったとても強力なカードである。

ただ、何かのおまけで非公開情報を見ることができるのならいいのだが、本当に非公開情報を見るためだけのカードはあまり使われないことが多い。例えばテレパシー/Telepathy魂を見つめるエイヴン/Aven Soulgazerなど。

[編集] 参考

QR Code.gif