トレイリアの大魔導師、バリン/Barrin, Tolarian Archmage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Barrin, Tolarian Archmage / トレイリアの大魔導師、バリン (1)(青)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

トレイリアの大魔導師、バリンが戦場に出たとき、他の、クリーチャーかプレインズウォーカー最大1体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
あなたの終了ステップの開始時に、このターンにパーマネントが戦場からあなたの手札に加えられていた場合、カードを1枚引く。

2/2

基本セット2021で2回目のカード化となるバリン/Barrin戦場に出たときクリーチャープレインズウォーカーバウンスでき、自分のパーマネントがバウンスされていると終了ステップカード引ける伝説の人間ウィザード

さながら豪華版大クラゲ/Man-o'-Warと言ったところで、ダブルシンボルの伝説になった代わりに様々な面が強化された。3マナという軽さでありながら、放置すると敗北に直結し得るシステムクリーチャー大型クリーチャー、プレインズウォーカーをこれ1枚で足止めできるのは優秀。自軍のそれらを手札に戻すこともできるため、2つ目の能力と合わせてカード・アドバンテージを得る使い方もでき、何かと融通が効き扱いやすい。クリーチャーであるためリアニメイトから明滅墓地回収ETB能力を使い回す手段が多いのも嬉しい。ただし、バウンスであるため根本的な解決にはならず、伝説なので重ね引きしても弱い点には注意。あくまで一時凌ぎであることを念頭に置いて使いたい。

ドロー能力はバリン自身の能力で戻している必要はないため、時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Ravelerの-3忠誠度能力願いのフェイ/Fae of Wishesのセルフバウンスなどで誘発の機会を増やしたい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2021の、テフェリー/Teferiと関わりの深いドミナリア/Dominaria伝説のクリーチャーサイクル外交官、マンガラ/Mangara, the Diplomatのみ神話レアで、他はレア

[編集] 参考

QR Code.gif