脇に置く

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

脇に置く/set asideは、廃語の1つ。

基本セット2010のルール改正前まで使われていたルール用語で、当時の「ゲームから取り除く」(現在の「追放する」)と同じ意味であり、カードを永続的ではなく一時的に取り除くことが前提の効果に使われる表現であった。

だが、廃語になる前からこの用語の使用頻度は減っており、一時的に取り除く効果でも基本的に「ゲームから取り除く」と表記されていた。廃語になる直前のオラクルでこの表現が用いられていたカードは、正気への葛藤/Struggle for Sanity泥棒の競り/Thieves' Auctionの2枚のみである。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

  • 4 領域
    • 406 追放
      • 406.8 かつて、追放 領域は「ゲーム外/Removed-from-the-game」領域と呼ばれていた。カードに「[[[オブジェクト]]を]ゲームから取り除く/removes [an object] from the game」というように書かれている場合、そのオブジェクト追放する。「[[[オブジェクト]]を]脇に置く/sets [an object] aside」も同じである。そのように記載されているカードは、オラクルで訂正されている。
QR Code.gif