シャドウランド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

シャドウランド(Shadow Land)は、2色地形サイクルの1つ。友好色2色のマナを出せるものがイニストラードを覆う影レアサイクルとして登場した。


Port Town / 港町
土地

港町が戦場に出るに際し、あなたはあなたの手札から平地(Plains)カード1枚か島(Island)カード1枚を公開してもよい。そうしないなら、港町はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(白)か(青)を加える。


目次

[編集] 解説

戦場に出るに際し、対応する2つの基本土地タイプの片方または両方を持つ土地カード1枚を手札から公開するとアンタップイン、公開しないとタップインになる。

序盤であれば手札に他の土地カードがある可能性が高くアンタップインしやすいが、中盤以降になると手札の土地カードが減ってタップインする可能性が高くなる。軽いカードを多く採用し、序盤から積極的に呪文唱えるタイプのデッキの方が力を発揮しやすい2色土地と言える。

  • 能力の性質上、複数の基本土地タイプを持つカードとは相性が良い。逆に基本土地タイプを持たない基本でない土地とは相性が良くない。
    • スタンダードで共存するバトルランドもシャドウランドをアンタップインするのに役立つが、シャドウランドとバトルランドを多く詰め込むと今度はバトルランドの方がアンタップインしにくくなるというジレンマを持つ関係となっている。
  • 基本セット2010で登場した友好色のM10ランドとは対になっている。M10ランドも2種類の基本土地タイプを参照するが、「対応する基本土地タイプを持つカードを戦場に出していればアンタップイン、そうでなければタップイン」であり、序盤はタップインしやすく中盤以降にアンタップインしやすい。
  • 名前の由来は収録エキスパンションであるイニストラードを覆う影の英語名「Shadows over Innistrad」から。
    • 公式記事では"reveal land"(参考)と呼ばれている。

[編集] ルール

  • 手札から公開するカードは対応する基本土地タイプを持っていれば基本土地である必要は無い。デュアルランドやバトルランドなど基本土地タイプを持つ基本でない土地カードを公開する事で条件を満たせる。
  • これらの土地カードと同時に手札から土地カードが戦場に出る場合、あなたは同時に戦場に出る土地カードを公開する事ができる。
  • 何らかの効果がこれらの土地をタップ状態で戦場に出すように指示したなら、手札から土地カードを公開したとしてもその土地は依然としてタップ状態で戦場に出る。

[編集] 該当カード

[編集] 参考

QR Code.gif