ゴブリンの戦長/Goblin Warchief

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Goblin Warchief / ゴブリンの戦長 (1)(赤)(赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) 戦士(Warrior)

あなたがゴブリン(Goblin)呪文を唱えるためのコストは(1)少なくなる。
あなたがコントロールしているゴブリンは速攻を持つ。

2/2

の戦長はゴブリン。自軍のゴブリンに速攻を与える。

スカージでは当時のゴブリンデッキメタの筆頭にまでのし上がらせたカードの1枚。コストが減って速攻がつくということは、本来より2ターンも早く攻撃できるということである。全体的に軽量なゴブリンが軽くなってもあまり意味がないように見えるが、ゴブリンは色拘束が薄めのものが多いので、2マナ以上のゴブリンはほぼすべてコスト減少の恩恵を受けられる。結果、ゴブリンデッキは異常なまでの高速化を遂げ、ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriverをはじめとするゴブリン軍団が1マナで次々に唱えられ、そのターン中に一斉に殴りかかって10点以上のライフを消し飛ばす、などという光景も珍しくなかった。

レガシーでも引き続きゴブリンデッキを牽引する。ただしコストを無視して直接ゴブリンを戦場に出す能力を持つゴブリンの従僕/Goblin Lackeyと役割が被るため、サイズ修整を与えるゴブリンの酋長/Goblin Chieftainが優先されることも多い。

ドミナリア再録モダンで使用可能になると共に、同期のスカークの探鉱者/Skirk Prospector包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commanderも再録された。続く基本セット2019でもゴブリンの損壊名手/Goblin Trashmasterという優秀なロードを始めとしてスタンダード環境に大量にゴブリンが追加されることでデッキ構築の下地ができあがった状態となった。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

スカージの戦長サイクル。該当するクリーチャー・タイプを持つ呪文コストを減らし、何らかの恩恵を与える。

戦長はテンペスト大メダルとメカニズムが似ているため、イラストには大メダルが描かれている(→Ask Wizards 2005/6/28参照)。

[編集] 参考

QR Code.gif