ゴブリンの従僕/Goblin Lackey

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Goblin Lackey / ゴブリンの従僕 (赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin)

ゴブリンの従僕がプレイヤーにダメージを与えるたび、あなたはあなたの手札にあるゴブリン(Goblin)・パーマネント・カードを1枚、戦場に出してもよい。

1/1

プレイヤーダメージ与えるたびに後続のゴブリン手札から戦場に出すことができるゴブリン。

これが1ターン目に出てくると、2ターン目の攻撃による戦闘ダメージ能力誘発し、包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commanderなどがマナカーブを無視して戦場に出てくるなど厄介極まりない。特にパーミッション相手には有効なカード。1マナ軽いため打ち消されにくく、能力でゴブリンが直接戦場に出るため、後続を打ち消されても攻勢が止まらない。

極楽鳥/Birds of Paradiseのように、「見たら焼け」なクリーチャーである。焼けないまでも、必ずブロックして能力の誘発を防ぎたい。1マナのクリーチャーなので、1対1交換の除去だとテンポ・アドバンテージを失いやすいのも相手にする場合嫌なところである。

かつてのゴブヴァンテージで最も恐れられたゴブリンの1つ。ゴブヴァンテージ以前にも、これの名前を冠したラッキースライと呼ばれるスライが猛威を振るった。現在の主戦場はレガシーであり、ゴブリンデッキをレガシーのメタの中核たらしめている張本人でもある。

  • 能力の誘発条件は「プレイヤーにダメージ」なので、戦闘ダメージでなくてもよいし、対戦相手でなくてもよい。何らかのコンボでティム能力やスーサイド能力を与えれば、戦線が膠着した状態でもどんどんゴブリンを戦場に出せるようになる。速度に極端に特化したデッキで使われることが多いため見落としがちだが、意外と長期戦にも対応できる能力である。
  • クリーチャーでないゴブリン・パーマネント・カードも戦場に出せる。このカードが登場した当時はそもそもゴブリン・カードはクリーチャーしか存在していなかったため、ルール文章も「ゴブリン・カード」としか書かれていなかったが、後に部族の登場によりクリーチャー以外にもクリーチャー・タイプを持てるようになったのに合わせて、「ゴブリン・パーマネント・カード」に修正された。
  • 二段攻撃を持った亜種の巣穴の煽動者/Warren Instigatorが後に登場している。
    • ゴブリンの従僕が上記の通りクリーチャーでないパーマネントも出せるのに対し、あちらは最初からクリーチャー・カードしか出せないようになっている。
  • From the Vault:Exiled新規イラストで収録された。

2003年10月1日より、エクステンデッド禁止カードに指定される。

[編集] 参考

QR Code.gif