ラクァタス/Laquatus

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ラクァタス/Laquatusは、オデッセイ・ブロックに登場したマーフォーク魔法使い。人間型に変身することができる。 地上でも活躍できるその能力を買われ、セファリッドが支配する「海の帝国」から地上に大使として派遣された。 野心家で「海の帝国」の支配を目論み、ミラーリ/Mirariの奪取を企てるが、計画はことごとく失敗する。

小説には彼の護衛兼ピット・ファイター/Pit Fighterとしてターグ/Turgという名のアヌーリッド/Anurid族(カエル)の戦士が登場する。 ラクァタスは精神結合することで彼を操り、使役していた。

アボシャン/Aboshanからミラーリを奪おうとした際にアボシャンの護衛の大王イカと戦い、ターグは死亡。 精神結合していたラクァタスも疲弊し、後一歩でミラーリを逃してしまう。

その後、死んだターグと大王イカの悪夢はチェイナー/Chainerによって結晶化され、ナイトメアとなった。 それこそがトーメントを代表するクリーチャー、ラクァタスのチャンピオン/Laquatus's Championである。

最期はクローサ/Krosaの森でカマール/Kamahlとの一騎打ちに臨むも、敗れ果てる。 最期まで自らの手にミラーリをつかむことはできなかった。

[編集] 登場

ラクァアスのチャンピオンを除き、すべて

[編集] 登場カード

[編集] カード名

[編集] フレイバー・テキスト

[編集] 参考

QR Code.gif