アイケイシア/Icatia

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アイケイシア/Icatiaフォールン・エンパイアの舞台となったサーペイディア/Sarpadiaの帝国。

目次

[編集] 解説

暗黒時代のサーペイディア大陸東部を支配する人間の帝国。サーペイディア五帝国の内、最も強大な力を持つ国家であり、最後まで存続した帝国である。近海のヴォーデイリア/Vodaliaと北のヘイヴンウッド/Havenwood、南のCrimson Peaks(クリムゾン・ピークス)とは長年に亘り友好的な関係を保つ一方、西の漆黒の手教団/Order of the Ebon Handや南のオーク・ゴブリンとは敵対していた。

170AR頃、帝国末期Henry Joseph(ヘンリー・ジョセフ)王の時代、帝国内部では元僧侶Oliver Farrel(オリヴァー・ファレル)の教えを信奉する狂信者Farrelite(ファレル教徒)の活動が活発化するとともに、外部からはゴブリンオークそしてスラルの大群の侵略に合い、遂には滅ぼされてしまった。

[編集] 地名

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif