めでたしめでたし/Happily Ever After

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Happily Ever After / めでたしめでたし (2)(白)
エンチャント

めでたしめでたしが戦場に出たとき、各プレイヤーはそれぞれ、5点のライフを得てカードを1枚引く。
あなたのアップキープの開始時に、あなたがコントロールしているパーマネントに色が5色含まれていて、あなたがコントロールしているパーマネントやあなたの墓地にあるカードにカード・タイプが6種類以上含まれていて、あなたのライフ総量があなたの初期ライフ総量以上であった場合、あなたはこのゲームに勝利する。


すべての要素が揃い、物語が幸せな結末を迎える勝利条件エンチャント

未評価カードです
このカード「めでたしめでたし/Happily Ever After」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

[編集] ルール

[編集] 開発秘話

このカードは、エルドレインの王権で試されたが不採用になったメカニズム探索/Quest」の名残である(忠誠の円環/The Circle of Loyalty#開発秘話も参照)。すなわち、ゲーム中に3つの条件を達成すると「ゲームに勝利する」という報酬を得られるカードだった。

代替勝利条件の能力を持つだけでは十分にプレイアブルなカードとは言えなかったので、全プレイヤーに影響を与えるETB能力を持たせることになった。この際、Erik Lauerは「全プレイヤーが引くドロー」を試したいと考え、色の協議会に相談した。白が最もドローの弱い色になっているのは白があらゆる脅威に対する対策手段を持つからだが、全員が引くのであれば、こちらが対策を引く分、対戦相手も脅威を引くことになる、というのがErikの主張だった。色の協議会はこれを認めたが、あまりにも多く引かせると通常のドローに近づいてしまうため、引く枚数は1枚に抑えられた[1]

[編集] ストーリー

エルドレインの王権注目のストーリーの1枚。

行方不明となっていたケンリス/Kenrith王が帰還した。並んで立つケンリス王とリンデン/Linden女王を、国民は盛大に祝福した(イラスト)。

[編集] 脚注

  1. Eldraine Check, Part 2/エルドレイン・チェック その2Making Magic 2019年9月30日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif