ミジウムの変成体/Mizzium Transreliquat

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mizzium Transreliquat / ミジウムの変成体 (3)
アーティファクト

(3):アーティファクト1つを対象とする。ミジウムの変成体はターン終了時まで、そのコピーになる。
(1)(青)(赤):アーティファクト1つを対象とする。ミジウムの変成体はそのコピーになり、この能力を得る。


イゼットギルドカラー能力付きアーティファクト。他のアーティファクトのコピーになる2種類の起動型能力を持つ。

アーティファクトをコピーするカードには過去に彫り込み鋼/Sculpting Steelも存在するが、こちらはコピーするものを変えられるという特徴がある。

2006年7月にTime Vaultオラクル変更された際、ミジウムの変成体の1つ目の起動型能力で毎ターンTime Vaultをコピーすることで無限ターンコンボを作れると一時期話題になった。しかし2008年9月にTime Vaultのオラクルがさらに変更され、依然として同様のコンボは成立するのだが、通電式キー/Voltaic Key求道者テゼレット/Tezzeret the Seekerなどでも無限ターンを生み出せるようになったのであまり注目されなくなってしまった。

  • 1番目の能力でコピーした場合、コピー効果が終わるまで、両方の能力は上書きされ失われる。
  • 2番目の能力でコピーした場合、1番目の能力は失われる。2番目の能力は終了することがないので、1番目の能力はずっと失われたままとなる。
  • 基本セット2014レジェンド・ルールが変更されるまでは、対消滅による伝説のアーティファクト対策が可能だった。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカ・ブロックの、ギルドアーティファクトサイクル。各ギルドコストに含む起動型能力を持つ(与える)。

[編集] 参考

QR Code.gif