Golgothian Sylex

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Golgothian Sylex (4)
アーティファクト

(1),(T):Antiquitiesエキスパンションにて印刷されたトークンでない各パーマネントは、それのコントローラーによって生け贄に捧げられる。


対エキスパンションカードの1つ。アンティキティー初出のパーマネントカード生け贄により戦場から根絶する。ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Diskを彷彿とさせ、影響範囲が制限された代わりにアンタップ状態で戦場に出せる。

アンティキティーにはMishra's Workshopミシュラの工廠/Mishra's Factoryウルザランドといった強力な土地が多く、それらを一掃できるのはありがたい。しかし、準備と起動で計5マナも要するのがネックか。

  • 「Antiquitiesエキスパンションに収録されており、かつトークンでない」各パーマネントに効果を及ぼす。「Antiquitiesエキスパンションのトークン」でない各パーマネント、ではない。WHISPERの日本語訳はやや紛らわしいので注意。
  • これ自体もアンティキティー初出のカードなので、自身の能力生け贄に捧げられる
    • 基本的に使い捨てであるが、生け贄に捧げることはコストでなく効果であるため、能力をスタックに乗せた状態でバウンスするなどの手段で使いまわすことも可能。それほど重くなく戦場に出した直後に起動できるため、アンティキティーを用いた対戦の場合、禁止カードリストの最上位に上がるであろう。
  • "Golgothian"はゴルゴダ(Golgotha)の捩り。
  • "Sylex"は古代に使われていた鉢のこと。"Cylix"と同じ意味だが、古い言葉であるためこの他にも様々な綴りがある。R&Dエキスパンションごとに別の綴りのカードを作成しようと目論んだらしいが、結局"Cylix"に統一されている。

[編集] 関連カード

対エキスパンションカード。ルールなどの詳細は対エキスパンションカードを参照のこと。

[編集] ストーリー

Golgothian Sylexゴーゴスの酒杯は、兄弟戦争の最終決戦でウルザ/Urzaがその力を解放したアーティファクト(イラスト)。カードの効果は、島1つを完全に消し去り、大陸を揺るがし、世界を傾けたその威力を表現したもの(参考The Devastation(大荒廃))。

フェルドン/Feldonによると、Golgoth(ゴーゴス)という地名には聞き覚えはないということ。

[編集] 訳語

「Golgothian Sylex」はカード上で和訳されたことはない。ウルザズ・サーガ公式ハンドブックでは《サイリクス》と、マジック:ザ・ギャザリング オンラインプラスでは「ゴーゴスの酒杯」とされている。タカラトミー公式サイト掲載の翻訳コラム「時(のらせん)の過ぎ行くままに」(サイト消失のためInternet Archive)でも「ゴーゴスの酒杯」を踏襲。

  • 綴りが「Go"r"goth」ではなく「Go"l"goth」であることから「ゴルゴス」とも読むことができ、ゴルゴダ(Golgotha)の捩りであることも考慮すると、「ゴーゴス」と伸ばすよりはそちらが妥当とする意見もある。
  • マジック史上、最も有名な歴史あるアイテムの1つであるため「受難の杯」などの同人訳も複数存在している。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

  • 7 その他のルール
    • 700 総則
      • 700.6 特定のセットで最初に印刷されたカードを参照するカードが存在する。
        • 700.6b 『Antiquities』拡張セットで最初に印刷されたカードと同名のパーマネントカードを参照するカードが存在する(《Golgothian Sylex》)。該当するカードは、《クルーグの護符/Amulet of Kroog》《Argivian Archaeologist》《Argivian Blacksmith》《アルゴスのピクシー/Argothian Pixies》《Argothian Treefolk》《終末の時計/Armageddon Clock》《Artifact Blast》《Artifact Possession》《Artifact Ward》《アシュノッドの供犠台/Ashnod's Altar》《アシュノッドの戦具/Ashnod's Battle Gear》《アシュノッドの人体改造器/Ashnod's Transmogrant》《エイトグ/Atog》《破城槌/Battering Ram》《青銅のタブレット/Bronze Tablet》《Candelabra of Tawnos》《秘宝の防御円/Circle of Protection: Artifacts》《Citanul Druid》《粘土像/Clay Statue》《機械仕掛けの鳥/Clockwork Avian》《サルディアの巨像/Colossus of Sardia》《珊瑚の兜/Coral Helm》《崩壊/Crumble》《呪われた拷問台/Cursed Rack》《Damping Field》《爆破/Detonate》《Drafna's Restoration》《ドラゴン・エンジン/Dragon Engine》《Dwarven Weaponsmith》《魔力流出/Energy Flux》《フェルドンの杖/Feldon's Cane》《Gaea's Avenger》《Gate to Phyrexia》《ゴブリン職工団/Goblin Artisans》《Golgothian Sylex》《ぶどう弾カタパルト/Grapeshot Catapult》《Haunting Wind》《ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall》《象牙の塔/Ivory Tower》《ジェイラム秘本/Jalum Tome》《Martyrs of Korlis》《Mightstone》《石臼/Millstone》《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》《ミシュラの戦争機械/Mishra's War Machine》《Mishra's Workshop》《再帰のオベリスク/Obelisk of Undoing》《オニュレット/Onulet》《Orcish Mechanics》《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》《Phyrexian Gremlins》《Power Artifact》《Powerleech》《Priest of Yawgmoth》《原初の土/Primal Clay》《拷問台/The Rack》《ラカライト/Rakalite》《Reconstruction》《Reverse Polarity》《Rocket Launcher》《ラト=ナムの賢人/Sage of Lat-Nam》《多相の戦士/Shapeshifter》《粉砕の嵐/Shatterstorm》《Staff of Zegon》《露天鉱床/Strip Mine》《Su-Chi》《Tablet of Epityr》《Tawnos's Coffin》《タウノスのワンド/Tawnos's Wand》《タウノスの武具/Tawnos's Weaponry》《テトラバス/Tetravus》《ティタニアの歌/Titania's Song》《Transmute Artifact》《トリスケリオン/Triskelion》《ウルザの報復者/Urza's Avenger》《Urza's Chalice》《ウルザの鉱山/Urza's Mine》《Urza's Miter》《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant》《ウルザの塔/Urza's Tower》《槍の/Wall of Spears》《Weakstone》《異形の騒霊/Xenic Poltergeist》《ヨーグモスの悪魔/Yawgmoth Demon》《ヨーティアの兵/Yotian Soldier》である。


QR Code.gif