賢者眼の報復者/Sage-Eye Avengers

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sage-Eye Avengers / 賢者眼の報復者 (4)(青)(青)
クリーチャー — ジン(Djinn) モンク(Monk)

果敢(あなたがクリーチャーでない呪文を1つ唱えるたび、ターン終了時まで、このクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。)
賢者眼の報復者が攻撃するたび、クリーチャー1体を対象とする。それのパワーが賢者眼の報復者のパワーより小さい場合、あなたはそれをオーナーの手札に戻してもよい。

4/5

果敢攻撃時に誘発するバウンス能力を持つジン

攻撃するだけで中型以下のクリーチャー戦場から追い返せるため、ブロッカーシステムクリーチャーの排除に役立つ。パワー参照という制限はあるが、果敢によって多少は自己完結している。

トークン裏向きのクリーチャーが狙い目であるが、変異はともかく、比較的軽く戦場に出せる予示によるクリーチャーを戻すのは対戦相手手札を充実させてしまう可能性もあり、よしあしか。逆に自分の優秀なカードが予示されてしまったときにそれを戻すこともあるかもしれない。

リミテッドではかなり凶悪な部類のカード。ファッティに押さえ込まれない限り、単体で盤面を制圧できる。オーラなどでサイズを上げてやればなお良い。一方構築では回避能力除去耐性もなく、6マナにしては地味か。

[編集] ルール

  • 2つ目の能力には、対象の制限はない。高いパワーのクリーチャーを対象にしてもよい。その場合解決時に何もしないだけである。
    • パワーを比較するのは解決時である。対応して修整に注意。
    • 日本語版のルール文章は、賢者眼の報復者のパワーを下回るクリーチャーしか対象に取れないような記述であるが、誤訳であり訂正が出されている(参考)。

[編集] 参考

QR Code.gif