溶岩コイル/Lava Coil

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lava Coil / 溶岩コイル (1)(赤)
ソーサリー

クリーチャー1体を対象とする。溶岩コイルはそれに4点のダメージを与える。このターン、そのクリーチャーが死亡するなら、代わりにそれを追放する。


山伏の炎/Yamabushi's Flame系統の追放効果付き対クリーチャー火力。あるいは1マナ重くなり追放効果を得た炎の斬りつけ/Flame Slashの変形版。

2マナと十分に軽く、クリーチャー除去としてはなかなかの高性能。おおむね4~5マナ域のクリーチャーまで対処することができ、テンポ・アドバンテージを取りやすい。特に再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix弧光のフェニックス/Arclight Phoenixといった何度も墓地から蘇って除去を消耗させてくるクリーチャーへのアンチカードとして優れている。

スタンダードでは同じ2マナでプレイヤー本体にも撃ち込める稲妻の一撃/Lightning Strikeと共存しており、こちらはよりコントロール寄りなデッキに向いている。赤白デッキであれば大型クリーチャーをも対処できる裁きの一撃/Justice Strikeが存在するので使い分けたい。登場時点から上記のフェニックスを扱うデッキは常にメタゲームに絡んでいるためサイドボード需要が高く、アグロも含めた様々な絡みのデッキで搭載されている。単純な除去として見てもビートダウン全般に十分有効であるため、遅めのデッキならメインデッキから使われることも多い。

リミテッドでも単純に優秀な除去であり、絡みのデッキならすんなり採用できる。ラヴニカのギルドにはクリーチャーを墓地に送り込むことで優位を得るゴルガリ団/The Golgariカードも存在するため、それらへの対策にもなる。ただしコモンでもタフネス5以上のクリーチャーはちらほらいるので過信は禁物。

  • 穿刺の一撃/Puncturing Blow下位種。それが5点ダメージで4マナであることを考えると、半分のマナで4点ダメージはかなりの高効率と言えよう。
  • イラストではディミーア吸血鬼が渦巻く溶岩に捕らえられている。彼女はその後ボロスの兵に連行されて行くのだが……いかに吸血鬼と言えど無事では済まなかったようだ。
「司令官、ディミーアのスパイを捕らえ、その遺灰を監禁しました。」

[編集] 参考

QR Code.gif